四国NUAトップ > 会合 平成20年度 > SE研修会「CCPM手法によるプロジェクトマネジメント」
会合 平成20年度

SE研修会「CCPM手法によるプロジェクトマネジメント」
SE研修テーマ 「CCPM手法によるプロジェクトマネジメント」
日時 平成20年12月2日(火)13:00〜16:30
(受付 12:30より)
会場 東京第一ホテル松山 3階 若草の間
松山市南堀端町6-16
TEL:089-947-4412
講師 株式会社ビーイング TOC事業部
樋尾 起年 氏 ・ 辻村 宗紀 氏
対象者 ・商品企画、システム開発などのプロジェクトを推進するリーダー
・プロジェクトを推進する部門管理者
申込締切 11月25日(火)
お申込多数の場合は申込順とさせて頂く事がございますのでお早めにお申込下さい。
概要
プログラム・研修概要
13:00〜15:00 TOC/CCPMによるマネジメント改革 従来のプロジェクトマネジメント手法では人間行動の特性が考慮されてきませんでした。この人間行動の特性こそがプロジェクトの遅れをもたらすという事実を踏まえ生まれた理論がTOC(制約条件の理論)であり、TOCを応用し開発されたプロジェクトマネジメント手法がCCPM(クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント)です。
本講演では、CCPMを分かりやすく解説すると共に、現場力を引き出すマネジメントの実践方法をご紹介します。
本講演では、CCPMを分かりやすく解説すると共に、現場力を引き出すマネジメントの実践方法をご紹介します。
15:00〜15:15 休憩  
15:15〜15:45 TOC/CCPMによるマネジメント改革の成功事例(1) 製造業における商品開発での適用例
15:45〜16:15 TOC/CCPMによるマネジメント改革の成功事例(2) IT企業におけるソフトウェア開発での適用例
16:15〜16:30 質疑応答  
株式会社ビーイングのご紹介
土木積算システムのトップシェアブランド『Gaia(ガイア)』シリーズをはじめ、国産初のクリティカルチェーン・プロジェクトマネジメントシステム『BeingProject-CCPM(ビーイングプロジェクトシーシーピーエム)』など、創業から20年にわたり培ってきた業務システム開発の技術力とノウハウを活かし、様々な分野で業務改善や経営改革のソリューションを提供しています。
人間の行動理論に着目したマネジメント手法CCPMの導入を支援し、組織が抱える様々な課題が改善された多数の事例は、国内はもとより海外でも紹介され高い評価を得ています。またTOC-CCPMの推進活動として全国各地でセミナーを開催しています。
本社:三重県津市桜橋1丁目312番地 代表取締役社長:津田 能成
設立:1984年9月 [平成11年JASDAQ市場公開(証券コード:4734)]
問い合わせ先 四国NEC C&Cシステムユーザー会事務局 近江、河野(かわの)
Tel:087-836-1201  Fax:087-836-1233
pagetop