文学散歩

第38回 『おくのほそ道』ゆかりの地 石川県・山中温泉

『おくのほそ道』ゆかりの地 石川県・山中温泉
散歩した人:株式会社ウイルコホールディングス 見山 英雄さん

芭蕉が愛した山中温泉

 松尾芭蕉が600里(2,400km)にわたる旅の記録を記した紀行文『おくのほそ道』は、俳諧という分野を確立した日本を代表する文学作品のひとつです。2013年5月の文学散歩で宮城県内のルートをご紹介しましたが、今回は石川県・山中温泉を歩きます。芭蕉は1689年夏、この山中温泉に8泊9日にわたって滞在しました。芭蕉はいくつもの温泉地をめぐっていますが、これほど長く滞在した温泉地は山中温泉だけです。また、『おくのほそ道』で長らく二人旅をしてきた弟子の曾良と別れた地としても重要なスポットです。
 この松尾芭蕉ゆかりの地・山中温泉を一緒に歩いてくださったのは、株式会社ウイルコホールディングスの見山英雄さんです。
 「山中温泉は、紅葉の時期に家族とよく来るなじみの場所ですが、訪れたことのないスポットもあり楽しみです」と見山さん。

弟子の曽良と別れた重要なスポット

 最初に訪れたのは医王寺です。医王寺は、山中温泉を守護するお寺として薬師如来を奉っていることから町の人々からは「お薬師さん」と呼ばれ親しまれ、「忘れしゃんすな 山中道を 東ゃ松山 西ゃ薬師」と山中節に唄われるように、温泉街を見下ろす高台に建っています。宝物館には、松尾芭蕉が山中を訪れた際に忘れていったと伝えられている芭蕉の忘れ杖が収められています。ほかにも、国指定重要文化財の「陶製金剛童子立像」や、温泉の由来を伝える「山中温泉縁起絵巻絵図」があり、昔の山中温泉のにぎわう様子を住職の方が話してくれました。

写真

写真左:温泉街を見下ろす高台に建つ医王寺 写真中央:医王寺の庭にある芭蕉の句碑 写真右:医王寺の宝物館にある芭蕉が忘れたと伝えられている杖

 次に訪れたのは、山中温泉の観光拠点でもある「菊の湯」です。
 芭蕉は山中の湯を、有馬・草津と並ぶ「扶桑の三名湯」とたたえ、「山中や 菊はたおらぬ 湯の匂」という句を詠んでいます。山中温泉の総湯「菊の湯」の名称は、芭蕉が『おくのほそ道』で詠んだこの句に由来しています。
 また、この地で、これまでともに旅を続けてきた曾良が体調を崩し、芭蕉と別れます。その時の曾良の句が「行行て たふれ伏すとも 萩の原」。無念の気持ちが伝わってきます。そして芭蕉は「今日よりや 書付消さん 笠の露」と詠み、曾良との別れを惜しみました。菊の湯のわきにある足湯「笠の露」はこの句から名づけられています。
 菊の湯(おんな湯)に併設されている山中温泉旅館協同組合が運営する「山中座」は、漆塗りの柱や格子戸風の壁面、蒔絵を施した格天井など、のべ1,500名からなる山中漆器職人によって造られた山中漆器の粋を集めた格調高い内装が特徴の施設です。毎週土・日と祝日には芸妓連の「山中節 四季の舞」が観賞でき、山中節の唄や芸妓の踊りなど山中伝統の芸能に親しめ、こちらも多くの観光客でにぎわっています。

写真

写真左:山中座の館内 写真中央:足湯「笠の露」 写真右:「菊の湯(おとこ湯)」前では温泉たまごの手作り体験ができる

滞在していた宿の主人との意外な関係

 東へ少し行くと「芭蕉の館」があります。芭蕉は菊の湯近くの泉屋という宿に滞在していましたが、「芭蕉の館」は、この泉屋に隣接していた「扇屋」の別荘を平成16年に再整備したもので、芭蕉ゆかりの品や山中漆器の秀品の数々が展示されています。泉屋の主人久米之助は、まだ14歳の若者でしたが、その才能と将来性を芭蕉に認められ「桃の木の 其葉ちらすな 秋の風」の一句とともに、芭蕉の俳号「桃青」の一字をもらって「桃妖」の号が贈られています。ここには、金沢から芭蕉・曾良の一行に加わった北枝が記した『山中問答』も展示されており、この問答は芭蕉の旅の様子がわかる貴重な資料となっています。

写真

写真左:芭蕉が滞在した泉屋の主人とのエピソードが 写真中央:北枝の問いに応じて芭蕉が語った言葉を伝えているとされる『山中問答』 写真右:芭蕉の館の館長さんから説明を受ける見山さん

 芭蕉の館を出たところには、曾良との別れを伝える句碑と石像がありました。
 「曾良の句には芭蕉との別れを惜しむ悲しみやさみしさが伝わってきて、切ない気持ちになりました」と見山さん。

写真

写真:芭蕉の館を出たところには、芭蕉と曾良の別れの場面を再現した石像と、そのときに詠んだ二人の句碑がある

 次に、大聖寺川添いへ。草月流家元・勅使河原宏氏デザインのS字型のあやとりはしを渡り、北へ鶴仙溪の遊歩道を歩いていくと、黒谷橋のたもとに芭蕉堂があります。本日の文学散歩の終着地です。芭蕉堂は、北国行脚の折りに立ち寄り、『おくのほそ道』で山中温泉の名湯ぶりを讃えた俳聖松尾芭蕉を祀る御堂。この鶴仙溪の道から見える周辺の風景の美しさに芭蕉は「行脚の楽しみここにあり」と手をたたいて喜んだと伝えられている景勝地です。
 文学散歩を終えた見山さんは「医王寺にある宝物館で、住職の方から当時の山中の様子を聴けたこと、芭蕉の忘れ杖を見られたことは貴重な体験でした。泉屋の若き主人と芭蕉との関係など、初めて知ったこともあり、今度家族と来た時には、今日知ったことを話しながら案内したいと思います」と感想を語ってくれました。

写真

写真:渓谷美を誇る名所・鶴仙溪。こおろぎ橋から黒谷橋までのおよそ1.3kmの溪谷は遊歩道が整備されている。4月から10月まで「鶴仙渓川床」が営業しており、山中温泉出身の料理人・道場六三郎氏のレシピによるスイーツを味わうこともできる

 

(2017年9月11日掲載)

作品紹介

『芭蕉 おくのほそ道 ― 付 曾良旅日記 奥細道菅菰抄 ―』松尾芭蕉 萩原恭男 校注

俳聖 松尾芭蕉が門人の曾良を供に、全行程600里、150日をかけて旅した日々を、文章と俳句で綴った紀行文。日本文学史に残る紀行文の最高傑作ともいわれる俳諧文学の金字塔的作品。曾良と別れた山中温泉で詠まれた句も載っている。

写真

発行元:岩波書店

 

今回の散歩道

医王寺→総湯 菊の湯→山中座→芭蕉の館→鶴仙溪→芭蕉堂

<所要時間:約2時間>

医王寺

北陸不動霊場第27番、白寿観音、奥の細道札所。山中温泉を開湯した行基の創建と伝えられている。境内には不動滝、名水などがあり、温泉街が一望できる景勝の地。宝物館には、国指定重要文化財の陶製金剛童子立像、松尾芭蕉が山中を訪れた際に忘れていったと伝えられる芭蕉の忘れ杖、温泉の由来を伝える山中温泉縁起絵巻絵図などが展示されている(宝物館については事前申し込みが必要)。

総湯 菊の湯

山中温泉の総湯で、温泉の発見以来湯ざや(共同湯)が造られた場所に建っている。山中温泉観光の拠点。おとこ湯は重厚な天平風の建物で、腰まである深い浴槽が特徴。おんな湯は華麗で優雅な曲線美をなす造り。泉質は、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉

山中座

平成14年、山中温泉の元湯にオープン。漆塗りの柱や格子戸風の壁面、蒔絵を施した格天井など山中漆器の粋を集めた山中座。毎週土・日と祝日には芸妓連の「山中節 四季の舞」が観賞でき、山中節の唄や芸妓の踊りなど山中伝統の芸能に親しむことができる。

芭蕉の館

芭蕉が山中温泉を訪れた際に逗留した泉屋に隣接していた「扇屋」の別荘を平成16年に再整備したもの。明治38年の建築で、広い庭園や庭園を望む雁行型の濡れ縁など、和風情緒豊かな憩いの空間が親しまれている。芭蕉ゆかりの品や400余年の歴史がある伝統工芸「山中漆器」の秀品の数々が展示されている。

鶴仙溪

北陸随一の渓谷美を誇る名所。こおろぎ橋より黒谷橋に至る1.3kmの渓谷には遊歩道が整備され、四季折々の景観と立ち並ぶ奇岩怪石、橋めぐりを楽しむことができる。また、あやとりはしは草月流家元・勅使河原宏氏が「鶴仙渓を活ける」というコンセプトのもとデザインした紅紫色のS字の橋。また、鶴仙渓のもっとも下流には、重厚なアーチ型の石橋、黒谷橋がある。

芭蕉堂

北国行脚の折りに立ち寄り、『おくのほそ道』で山中温泉の名湯ぶりを讃えた俳聖松尾芭蕉を祀る御堂。大聖寺川の渓流に面して建つ。創建は明治43年10月。周辺の風景の美しさに芭蕉は「行脚の楽しみここにあり」と手をたたいて喜んだと伝えらえている。

※9月1日から30日まで「芭蕉祭」が開催され、全国俳句大会等、各種イベントが行われます。
詳細は一般社団法人山中温泉観光協会までお問い合わせください。

■ここでチェック

(一社)山中温泉観光協会・山中温泉旅館協同組合

芭蕉の館

山中座

 

このページの先頭へ