NUA WORLD 九州NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成29年度

新春フォーラム2018

日程 平成30年1月24日(水)14:00〜16:55
場所 電気ビル 共創館 カンファレンスA
福岡市中央区渡辺通2-1-82
申込締切 1月19日(金)
概要
挨拶 14:00〜

講演I 14:10〜15:10
テーマ: NECグループが取り組む「働き方改革」
講師: NEC ビジネスクリエイション本部
マネージャー 湯沢 大史 氏
  上野 貴士 氏

概要
労働人口の減少や長時間労働の是正といった社会課題に対し、多くの企業で働き方改革への取り組みが求められています。
NECグループではこれまで30年以上にわたり「働きやすい環境づくり」に向け、人事制度とICT基盤を整備してきました。
そして今、更なる働き方改革へチャレンジしています。
本講演では、NECが目指す「働き方改革」や、その実現に向けた取り組みをご紹介いたします。

※本内容はiExpo(11/9〜11/10開催)で評価が高かったセミナーをお届けしております。
講演II 15:25〜16:55
写真
テーマ: 「一隅を照らす」
講師: 落語家 天台宗僧侶
露の団姫(つゆの まるこ) 氏

<プロフィール>
上方落語協会所属の落語家。兵庫県尼崎市在住。高座の他にもテレビ・ラジオで活動中。
小さい頃からの「死」に対する恐怖をきっかけに仏教を学びはじめ、高校在学中に人生指針となる法華経に出会う。
落語家になるか尼さんになるか悩む中、落語の創始者、初代・露(つゆ)の五郎兵衛(ごろべえ)が僧侶であり、説法をおもしろおかしく話したことが落語の起源と知る。
高校卒業を機に初代・露の五郎兵衛の流れを組む露の団四郎(だんしろう)へ入門。3年間の内弟子修行を経て、主に古典落語・自作の仏教落語に取り組んでいる。
2011年、天台宗で得度。2012年、比叡山行院(ぎょういん)で四度加行(しどけぎょう)を受け正式な天台僧となる。
年間250席以上の高座と仏教のPRを両立し全国を奔走する異色の落語家。
好きな言葉は「一隅を照らす」(伝教大師・最澄上人)。

2011年春〜 天台宗キャンペーンガール
2011年11月 繁昌亭輝き賞(新人賞) 過去最年少で受賞
2016年春〜 天台宗・一隅(いちぐう)を照らす運動広報大使

主な著書

  • 『プロの尼さん』 (新潮社)
  • 『法華経が好き!』 (春秋社)
  • 『いい恋いい愛と生きる幸せの心得』 (文芸社)
  • 『露の団姫の仏教いろは寄席』 (佼成出版社)
  • 『人生が100倍オモシロくなる仏の教え』 (竢o版)
  • 『ぽくぽくぽく・ち〜ん』 (ぷねうま舎)
問い合わせ先 九州NEC C&Cシステムユーザー会事務局 担当:村上、大神
福岡市博多区御供所町1-1 西鉄祇園ビル
TEL:092-261-2866 FAX:092-261-2837

このページの先頭へ