九州NUAトップ > 会合 平成22年度 > コミュニケーション研修
会合 平成22年度

コミュニケーション研修
開催日 平成22年7月7日(水) 1日間 10:00〜17:00
場所 NEC 九州支社 8F 812号会議室
福岡市博多区御供所町1−1 西鉄祇園ビル
テーマ コミュニケーション
目的(ねらい) コミュニケーションの活性化と言いつつ、多くの企業や家庭では目に見える実践がなされていません。
相互理解と信頼関係を形成するコミュニケーションを職場や家庭、地域に満たすための具体的な実践の手法をご体験下さい。CSRにも応用が可能です。
対象者 職場・家庭でのコミュニケーションの活性化に取り組みたい方。
形態 講義&ロールプレー
定員 30名(先着順) *最小催行人数 16名
講師 吉本 精樹 氏
臨時会費 1,000円(受講料) *当日、受付にて承ります。
申込締切 平成22年6月25日(金)
概要
セミナー内容
時間 内容
10:00
  1. 「男はつらいよ」車 寅次郎の憂鬱とは
    同一人物に潜む二重人格「敬意と共感」VS「侮蔑と拒否感」
  2. 相互理解と信頼関係は社会のOSである・・とは
    人間関係のOS(オペレーティングソフト)がAS(アプリケーション)を動かす
  3. 気持ち良いコミュニケーションの座標軸とは
    自己開示と傾聴のバランス
    会話の頻度と深度を測定する物差し
    「言う」ことは易く「聴く」ことは難しい
    人に敬意を払う傾聴力の養い方と職場や家庭での実践方法
12:00
休憩  
13:00
  1. 返報性の法則と中江藤樹の教え
    リーダー必携の五つの力「視る、聴く、話す、思いやる、優雅に振舞う」
  2. 伝手を上手に作ると人の輪が増える
    伝手とは話の糸口であり質問力です。カードを使った楽しい学習の手法をご紹介受講いただくとこうなります!
*楽しく、気軽に、大きく構えずに少しずつ取り組むことで次のような効果が期待できます。
  1. 「ほうれんそう」が活発になります。・・・職場
  2. 実りある会議が開催できる社風に変わります。・・・職場
  3. 社内の風通しが良くなり明るい職場作りが出来ます・職場
  4. コンプライアンスの強化につながります。(不祥事防止)職場
  5. 社員さんのメンタルケアに直結します。・・・職場
  6. 親子で実施すると話が盛り上がります。・・・家庭
  7. 話の糸口や伝手(つて)が簡単に作れます。家庭や職場
  8. ホームパーティにも使えます。・・・家庭
17:00
講師プロフィール
吉本精樹(よしもと せいき)
■略歴■
昭和58年(1983) 上智大学外国語学部 英語学科卒業
昭和60年(1985) イラク共和国ラマディ市に駐在 東南アジアの労働者を現地高速道路建設工事にて雇用・管理・契約更新業務に従事
平成3年(1991) 西日本話し方教室開設 個人指導の話し方教室を開始、生徒数1000名突破
平成14年(2002) 会議の王様 開設生産的な話し合いの環境作り、組織改革の支援業務
「どのように話し、どのように聴き、どのように動くか」を提唱

研究中のテーマ 相手を理解し、支援しあうチームの作り方・チーム力を高める話し合いの技術
講演のテーマ 「こうすれば大勢の前で自己紹介や挨拶が上手くなる!」
「会議が変わればチームが変わる。1+1を3以上にする話し合う技術」
研修のテーマ 「顧客を増やしたいなら傾聴力を高めよう」
「苦情に効くコーチングのスキル」
「リーダーの話し方・スピーチの仕方」
「会議の進行を学んで組織を変革する」
「ミーティングで家族経営を換えよう」
「朝礼を変えると組織が変わる。短時間のミーティングで会社を換える」
「チームビルディング」
「ファシリテーション」
講演・研修の実績 株式会社太平洋セメント 株式会社NTT西日本 株式会社ブラザー 
株式会社大和ハウス 株式会社昭和産業 株式会社モリタ 
独立医療法人地域医療センター多数 老人福祉施設多数
お問い合わせ先 九州NEC C&Cシステムユーザー会事務局 担当:小野・大神
TEL:092-261-2801 FAX:092-261-2811
pagetop