九州NUAトップ > 会合 平成19年度 > 「個別最適の弊害と全体最適の必要性」勉強会
会合 平成19年度

「個別最適の弊害と全体最適の必要性」勉強会
開催日時 平成19年11月20日(火) 13:30〜16:30
会場 パピヨン24 3F 5号ホール
福岡市博多区千代1−17−1
定員 20名(先着順) 催行最小人数 10名
参加費 無料
非会員参加不可
申込締切 平成19年11月13日(火)
定員に達しましたので申込みを締め切りました。多数のお申込みありがとうございました。
概要
形態 講義
講師 NECソフトウェア九州
使用教材 NEC「セキュリティマネジメント概要」
〜セキュリティポリシー策定手順を中心に〜

テ ー マ:「個別最適の弊害と全体最適の必要性」
情報システム開発が大きな変革期を迎えています。インターネットに代表されるオープンでグローバルなIT技術が急速に浸透し、従来のシステム開発とは違う技術や技法が適用されています。情報システムの管理者の方には、自社のシステムを正しく方向付けるため、最新IT技術の正確な知識が必要です。
最近では、サーバや各種機器の低価格化と高性能化によって投資回収期間は短縮されたものの、長期的な視点不在の個別最適の繰り返しにより管理対象機器が増加し、管理コストの増大とサービスレベルの低下を招いているITシステムは珍しくありません。本コースでは個別最適の弊害と、全体最適の必要性について、EA(Enterprise Architecture)を例にとって解説します

講義内容:
・既存情報システムの問題点 ・全体最適の考え方
お問い合わせ先 九州NEC C&Cシステムユーザー会事務局 担当:小野・大神
TEL:092-261-2801 FAX:092-261-2811
pagetop