ユーザーフォーラム2005
TOP ご挨拶 プログラム プログラム詳細 アクセス地図 お申込み
PROGRAM DETAILS

>>ワークショップ1>>ワークショップ2 >>ワークショップ3 >>講演1 >>講演2


ワークショップ1 10:00〜11:00
A-1

セキュリティ先進都市 豊中”の実現に向けて 〜全庁規模の情報セキュリティ総合システムのねらいと効果〜

情報セキュリティの対策は、単一のツールや施策で達成出来るものではなく、情報漏洩やウィルス・ワームの対策を総合的に実践して初めて効果を得るものです。
総合対策を進める豊中市の事例を紹介します。

B-1

あなたの会社に最適なIP電話はどれ? 〜簡単にわかるIP電話入ガイド〜

"IP電話でコスト削減"という言葉をよく耳にしますが、導入効果はそれだけでありません。
IP電話導入に至るプロセスの徹底研究や事例分析によるメリット・デメリットの検討を通じて、最適なIPテレフォニーとは何か、規模・ニーズに合わせたIP電話を導入するためのガイドを作成しました。
導入のポイントをわかりやすく紹介します。

C-1
SCMを支えるロジスティクスIT事例

当社はSCMを支える輸配送ネットワークとロジスティクスITを活用したサプライチェーン全体のロジスティクスサービスを提供しております。
本セミナーでは、部材調達でのJIT納入及び製品販売の品揃え納入を支援するWMSとTMSをご紹介いたします。

d-1
完全Web型ERP「GRANDIT」ご紹介

完全Webで基幹業務を構築する際のポイントを、次世代ERP「GRANDIT」の開発者自らがご紹介いたします。 高い操作性、BIやワークフロー、ECを統合したグローバルERPという新発想をご覧下さい。
ページトップ
ワークショップ2 11:10〜12:10
A-2
情報系システム更改に伴うセキュアコンピューティングシステムと企業情報ポータル構築事例

情報系システム更改に伴う、ITインフラ統合と基盤整備を柱にWindows2000 Server Active Directoryによるユーザー情報の管理、グループポリシーの適用、効果的なセキュリティ更新プログラムおよび内部情報漏洩対策等によるセキュリティ対策を実施しました。
またWeb環境をベースに金融情報ポータル構築による情報共有と業務統合を図った取り組みについてご紹介します。

B-2
業務スタイルを変革するWeb会議システムの可能性を探る 〜コミュニケーションの原点に戻ろう〜

会議、打合わせ・・これからのコミュニケーションの変革にITがどれだけ活用されたでしょうか?。
当研究会はそのような疑問から会議に関するアンケート調査と分析を行い、実証実験・事例研究を通してWeb会議の活用シーンや有効性をご紹介します。

C-2
ビジネスの機動力を強化するUNIVERGEモバイルソリューション

ITとネットワークの統合ソリューション「UNIVERGE」は、IP電話を中心としたコミュニケーション革命による先進のブロードバンドオフィスを実現し、お客様企業の知的生産性向上、TCO削減を可能とします。
本セミナーでは、世界で初めて"FOMA®"とIP電話の統合活用を実現したUNIVERGE"FOMA®"連携ソリューションを中心に、お客様企業におけるビジネスの機動力強化や意思決定の迅速化、業務の効率化などを実現するUNIVERGEモバイルソリューションをご紹介いたします。
※FOMA®は株式会社NTTドコモの登録商標です。

D-2
ワークフローを活用したグループ全体の情報基盤整備の推進

今まで基幹システムでは困難であった立案から承認までの業務について、開発のコストパフォーマンスを抑えて構築し、ペーパーレスや業務効率を追求する仕組みを構築しました。
更に、今後のシステム構築や開発する業務範囲も広がり、コスト削減や経営判断の迅速化も期待できる取り組みについてご紹介いたします。
ページトップ
ワークショップ3 12:30〜13:30
A-3
生産革新とそれを支える戦略的基幹情報システム構築基盤(GdFrame)ご紹介

NECおよびNECの分身会社では、基幹情報システム構築基盤「GdFrame」の上で、基幹情報システムの開発と運用を実現しています。
これにより、俊敏な生産革新と情報システム費用(TCO)の大幅な削減を可能にしました。
この企業改革(BPR)と画期的な情報システム構築エンジン「GdFrame」(特許申請中)についてご紹介いたします。

B-3
運用技術最前線 ユビキタス技術を適用させたサテライトオフィスの提案

IT進化がもたらすユビキタス社会ではどのようなワークスタイルが実現されるのでしょうか!!サテライトオフィスの利用をモデルケースとして、広く必要なユビキタス技術と課題についてさまざまな角度から提案します。

C-3
音声入力の基幹業務への適用による受注業務の効率化

卸売業で発生する様々な形態の受注データの中で、電話・FAXによる注文はコード調査担当者と入力担当者が分担して受注入力業務をおこなってきました。音声入力システムの導入により、一人の担当者で処理可能となり、受注業務を約40%と大幅に向上。このシステムでは受注商品のメーカー、ブランド、品名、フレーバーなどを読み上げるだけで、順次商品が絞りこまれ、即座に対象商品が画面表示され、商品コード体系の知識の無いオペレータでも受注入力が可能となり、更にオンライン受注(EOS等)を採用していない地域小売店からの注文も、正確に効率的に受け付けことができるようになりました。本セミナーでは、そのシステムの事例をご紹介いたします。

D-3
適用事例によるわかりやすいRFIDの紹介

ユビキタス社会の本命と言われるRFIDですが、実用事例が少ないのが現状です。
本セミナーでは、三菱重工業株式会社長崎造船所が建造した世界最大級の豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号とサファイア・プリンセス号の船内作業員を、約2万枚のICタグと16台のセキュリティゲートで、乗船・下船をリアルタイムに監視・管理するセキュリティシステムとして、屋外で24時間稼動した全天候型セキュリティシステムについて、RFIDの適用事例としてご紹介いたします。
ページトップ
特別講演
13:40〜15:10

 「IT革命がもたらす光と影 ~ユビキタス社会の展望~」 総務省審議官 東京大学名誉教授 月尾 嘉男 氏



特別講演
15:20〜16:50

 「環境と経営」シャボン玉石けん(株) 代表取締役社長 森田 光徳 氏

ページトップ


Copyright(c) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.