スポ−ツ小売店向けホ−ムペ−ジ作成支援システムの構築
(PDF文書,942KB)


【要旨】

1.背景と目的
スポーツ業界において、顧客の囲い込みというものが非常に重要視されてきており、特にネットを使ったマーケティングが注目されている。ミズノの得意先の中でも自店のホームページを立ち上げたいという希望が高まりつつあるが、中小の小売店においては、人材不足や時間の制約などの問題を抱え、実際にホームページを立ち上げることが難しい現状である。
そこでミズノでは、得意先のネット時代の生き残り支援とミズノとの繋がりの強化を目的に、「文字入力さえできればホームページを作成・メンテナンスすることができるシステム」を開発した。
各々の参加店が、このようにして作ったホームページをうまく活用して地域のスポーツコミュニティを創造し、自らその核となることを最終的な狙いとするものである。

2.システム概要

このシステムはインターネット上でデータベースに接続し、テンプレート(雛型)方式で画面のイメージやコンテンツとして掲載するメニューを自由に選択することにより、非常に簡単にオリジナルに近いホームページの作成を可能にするものである。
メニューは店舗やスタッフの紹介などのスポーツ店としてアピールに不可欠なものと、リンク集や掲示版などホームページとして一般的なものとを用意した。

3.キーポイント
作成の容易さとデザイン性重視
専用のソフトウェアや専門技術を必要とせず、文字入力さえできれば、一定の手順にしたがって操作するだけでホームページを作成することができる。また、デザイナーが作成したテンプレートの中から好きなものを選択し組み合わせてもらうことにより、初心者でも非常に優れたデザインのホームページに仕上げられる。数多くのテンプレート(トップページ36種類・iモード用トップページ3種類)を用意した上に、背景色や文字色などは自由に変更できるため、実際には無限のデザインバリエーションから選ぶことができ、よりオリジナリティに富んだホームページの作成が可能となっている。

会員募集・DM配信
会員募集ページの中で"するスポーツ"の選択を必須としており、登録した会員に対して"するスポーツ"の種目によりセグメントしてE-MailによるDM発信が可能となっている。参加店は、より効果的なDMを簡単に安価で発信することができる。また、会員の情報についてはデータベースで管理され、参加店は簡単に自店分のみをExcelベースでダウンロードし活用することができる。

iモード対応
客層が比較的若く、学生の比率が高いというスポーツ小売店の特性を考慮して、携帯電話(iモード)でも閲覧ができるホームページも併せて提供している。DM送信の際も宛先をパソコンへのアドレスかiモードのアドレスとで選択することができる。

教育
参加店の負荷軽減のため、本システムのリリースに合わせて、全国5箇所計10回のホームページ作成講習会を実施し、その教育の中で実際に運営するホームページが作成出来てしまうよう、提供する教育カリキュラムを検討した。

4.計画
システム構築については1次開発後に得意先への展開を行ない、機能改善を中心とした2次開発を実施することとした。
(1)一次開発 00.6〜8 テンプレート作成、DB構築
(2)一次展開 00.8〜9 100店募集と教育実施
(3)二次開発 01.1 画面変更、管理機能強化
(4)二次展開 01.1〜2 100店募集と教育実施
(5)三次展開 01.7〜8 150店募集と教育を予定

5.評価
小売店に対する過去2回の参加募集でそれぞれ約100店が参加。現在196店がそれぞれのホームページを運営・管理している。また現在不参加の店からも参加希望が上がってきており、最終的には350店程度の参加を目指す。
参加店によるレベルの差はあるものの、頻繁にE-MailのDMを発信したり、掲示板を使って地域のスポーツイベントの情報を発信・交換したりと、当初の目的を達している店舗も多い。
また、テンプレートの追加や画面の見直し等、参加店の声も聞きながら新たな仕組みを随時盛り込み進化させていきたい。