NUA WORLD 関東NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成29年度

第1回ビジネストレンドセミナー 特別ご招待
未知なる宇宙への挑戦

開催日時 2017年7月25日(火) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30)
会場 NEC本社ビル B1F 講堂
定員 400名
※先着順で、定員になり次第、締切りとさせていただきます。
参加費 無料[特別ご招待]
申込締切 7月21日(金)
概要
特別講演 — 14:00〜15:30
テーマ: 宇宙から学ぶ〜我々は何故挑戦し続けるのか〜
講師: 宇宙飛行士 毛利 衛 氏
写真

<講演概要>
20世紀人間は月を目指す過程で、宇宙船地球号という運命共同体に生きていることに気がつきました。21世紀ヒトゲノム解読により、地球生命は、時間的・空間的につながっていることがわかりました。同時に人間が特別な生命ではないことにも気づきました。40億年前に地球に出現した生命は個の新しい環境への挑戦が生命の持続性に貢献してきました。
いま人間はSNSやAIを手にし、科学技術を武器に新しい生き方に挑戦しています。これが何を意味しているのか、またどのような未来につながってゆくのか、宇宙の視点から考えてみたいと思います。

<講師プロフィール>
1948年、北海道余市町生まれ。理学博士。1985年、日本初の宇宙飛行士に選ばれる。1992年と2000年の二回、宇宙船「スペースシャトル」に搭乗し宇宙実験や地球観測および宇宙授業を行った。2003年には、潜水艇「しんかい6500」に搭乗して深海から実験報告。同年南極から世界初皆既日食のハイビジョン中継を行った。2007年には南極昭和基地50周年事業で日本、タイ、オーストラリアを同時中継し地球環境授業を行った。現在は宇宙飛行士として有人宇宙活動への助言をする一方、日本科学未来館館長として先端科学研究の普及や人材教育に努める。

NEC講演 — 15:45〜17:00
テーマ: NECの宇宙ソリューションと準天頂衛星システムが
もたらす新たな社会
講師: NEC 準天頂衛星利用推進室 主幹 村井 善幸 氏

<講演概要>
NECは、1970年に日本で初めて打ち上げられた人工衛星「おおすみ」に携わって以来、宇宙機器リーディングカンパニーとして日本の宇宙産業を支えてまいりました。近年でも、災害の監視・被害観測に役立つ地球観測衛星や惑星探査機「はやぶさ」の開発もNECが担っています。また2018年度には、日本版GPSとも言うべき「準天頂衛星システム」が運用を開始します。
今回、このシステムがどのように我が国の安全・安心に寄与するのか、ご紹介いたします。

企画担当委員
安井 滋英 (株式会社ABシステムソリューション)  佐藤 信 (東京急行電鉄株式会社)
仲田 和正 (帝人株式会社) 平原 大輔  (株式会社日本総研情報サービス)
小田島 淳悦  (ミヨシ油脂株式会社)    
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ