女性セミナー(講演会)

  • 開催概要
  • 講演会I
  • 講演会II
  • アンケートの結果から
 

講演2 「成果を作り出すコミュニケーション法〜質問の力〜」  15:30-17:00

講師略歴

写真:田中 ウルヴェ 京 氏

元NHKキャスター/コミュニケーションアドバイザー
牛窪 万里子 氏

(講師略歴)
大学卒業後は大手飲料メーカーに就職。話し方やコミュニケーションの大切さを実感し、本格的に勉強し始めたことをきっかけにNHKキャスターになったという異色の経歴を持つ。「おはよう日本」、「首都圏ネットワーク」等に出演し、これまでのインタビュー歴は著名人を含め、3000人以上にのぼる。現在は、女性達の今を発信するラジオ番組「 魅力!女子力」のパーソナリティーの傍ら、フリーアナウンサー事務所の代表取締役を務め、放送経験を生かしたコミュニケーション方法を指導している。2011年に全米NLP協会公認公式認定資格、日本NLP協会公認公式認定資格を取得し、「脳の働き」「五感を活用する」観点から、ロジカルにコミュニケーションのスキルアップをはかる指導も手がけている。

 

講演概要

目標を確実に達成するには、自分の価値基準(何を大切にしたいか)を問うことが必要です。「人生は質問で変わる」と言いますが、自分自身への問いが最大のポイントとなります。また同時に、質問の仕方によって相手の意欲を高めることも出来ます。自分への質問と、相手への質問の投げかけ方、また円滑なコミュニケーションの取り方についてアドバイスします。

ポイント1

コミュニケーションは、何を伝えたかよりも、相手に何が伝わったか、ということが成果になります。人はそれぞれ個人の価値観を通して情報を受け止める為、コミュニケーションの違いが生まれてしまいます。情報の受け止め方は3つの優位感覚(視覚優位/聴覚優位/触覚優位)によって分けることができるので、その相手の感覚に言葉を合わせることでコミュニケーションがより円滑になります。

ポイント2

真意を探る為にはテーマを絞り深く追及する「油田掘」の聞き方がポイントになります。相手のキーワードをオウム返ししながら「さらに何を?」「何故?」という質問で問い返し、質問の流れを作り出しましょう。深く掘り下げて質問することにより、欠けた情報を探り出すことに繋がり、選択の可能性を広げることができます。

ポイント3

コミュニケーションを深める為には「質問」の方法がポイントになります。自問自答も立派な質問。自分に質問を投げかけることによって、意識や思考が変わり、情報が目に飛び込んできます。まずは「独り言」からポジティブワードに変換し、プラス思考に働きかけることで、質問力を向上してみませんか?

 

このページの先頭へ