NUA WORLD 関東NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成28年度

関東NUA神奈川部会 平成28年度第4回定例会
「ICT最新動向2017&瀬川晶司棋士講演」

開催日時 平成29年2月24日(金)14:00〜18:30 (受付開始13:30〜)
会場 NEC神奈川支社 72・73会議室
横浜市西区みなとみらい2-3-5 クイーンズタワーC 7F
TEL:045-682-4511
定員 40名  多面指しは希望者8名まで(先着順)
参加費 無料
申込締切 平成29年2月22日(水)
概要
第4回定例会は、最新技術トレンド講演&サラリーマンからプロになられた瀬川棋士講演のW講演を開催いたします。瀬川棋士には、夢をあきらめないことの大切さに加え、昨今話題となっているAIと将棋の関係のお話もしていただきます。
また、講演後は瀬川棋士と(希望者による)多面指しを行います。是非、ご参加ください。
講演1— 14:10〜15:10
写真
テーマ: クラウド時代を支える最新技術トレンド (2017年版)
講師: NEC ビジネスクリエイション本部
ニューITエバンジェリスト  林 雄代 氏

時代の変化とともにICT環境が著しく変化し始めています。新しく導入したICT環境がわずか1、2年で陳腐化してしまうような現在において、将来を見越したICT環境への投資はビジネスの成功の大きな要因となっています。
今回の講演では、2020年に向けて、今後どのような技術が普及し、どのような使い方をしているのかなどのICT将来動向を中心にわかりやすく説明いたします。

講演2— 15:20〜16:20
写真
テーマ: 夢をあきらめない
講師: 公益社団法人日本将棋連盟
棋士  瀬川 晶司 氏

サラリーマンから史上初めてプロ編入試験によってプロ棋士になったという特異な経歴を持つ瀬川五段。26歳で一度プロへの道を断たれたものの、子どものときからの夢を捨てきれず、35歳で日本将棋連盟にプロ編入の嘆願書を提出して特別に試験が認められ、その夢を実現しました。本講演では、将棋の世界の厳しさや、「夢をあきらめない」ということの大切さについてお話しいただきます。 また、昨今コンピューター将棋の実力向上は目覚ましいものがあります。講演内では、AIと将棋の関係や、今後の展望等についてもお話しいただきます。

【瀬川晶司五段プロフィール】
1970年3月 神奈川県横浜市出身
1984年 全国中学生選抜将棋選手権大会優勝
プロ棋士養成機関「奨励会」入会。安恵照剛門下
1996年 年齢制限(26歳)により退会
1997年4月 神奈川大学第二法学部へ入学
2001年 大学卒業後、株式会社ワイイーシーソリューションズ入社
2005年 1997年からアマチュア復帰後の対プロ戦高勝率が認められ、戦後初となる プロ編入試験を実施。合格
2005年11月 プロ棋士(NEC所属)となる
2006年 横浜市文化奨励賞受賞
2009年5月 フリークラスからC級2組へ昇級
2012年8月 五段昇段
2015年12月 王位リーグ入り
瀬川棋士と(希望者による)多面指し — 16:30 〜 18:30
75会議室へ移動します。
問い合わせ先 関東NUA神奈川部会事務局 池田・小林
TEL:045-682-4511 (土日祝日を除く9:00〜17:00) FAX:045-682-4520

このページの先頭へ