NUA WORLD 関東NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成27年度

第1回ビジネストレンドセミナー
壁の向こうへ〜視界が変われば考えは変わる〜

開催日時 2015年7月21日(火) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30)
会場 NEC本社ビル B1F 講堂
定員 400名
※先着順で、定員になり次第、締切りとさせていただきます。
参加費 無料
※NUA会員以外の方は参加費5,000円(当日ご準備願います)
申込締切 2015年7月17日(金)
概要
講演1 — 14:00〜15:30
テーマ: 未来の壁
〜見えない壁がわかると世の中が見えてくる〜
講師: 東京大学名誉教授
養老 孟司 氏
写真

<講演概要>
「自分探し」なんてムダなこと。「本当の自分」を探すよりも、「本物の自信」を育てたほうがいい。脳、人生、医療、死、情報、仕事など、あらゆるテーマについて、頭の中にある「壁」を超えたときに、新たな思考の次元が見えてきます。
「自分とは地図の中の矢印である」「自分以外の存在を意識せよ」「仕事とは厄介な状況ごと背負うこと」。最初から最後まで目からウロコの指摘が詰まったお話をいただきます。

<講師プロフィール>
1937年神奈川県鎌倉市生まれ。1962年、東京大学医学部を卒業し、1年のインターンを経て解剖学教室に入る。以後解剖学を専攻。1981年、東京大学医学部教授に就任。東京大学を退官後、北里大学教授に就任(大学院医療人間科学)。1998年、東京大学名誉教授に就任した。1989年「からだの見方」でサントリー学芸賞を受賞。2003年「バカの壁」で毎日出版文化賞を受賞。2006年、京都国際マンガミュージアム館長に就任。

講演2 — 15:45〜17:00
テーマ: ICTが支える『気候変動』対策
〜NECができること〜
講師: NEC 品質推進本部長代理兼環境推進部長
堀ノ内 力 氏

<講演概要>
国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告書は、このまま温室効果ガスの排出が続くと、地球の平均気温の上昇により世界各地の気候が変化し、洪水や干ばつ、食料不足などさまざまな影響が頻発すると指摘しています。企業にとっては、従来からの温室効果ガス排出削減を進めることはもちろん、今後は気候変動によるリスクへの備えが不可欠になります。
NECは気候変動という社会課題の解決に向け、ICTの活用を通じて貢献することを目指し取り組んできました。本講演では、NECが考える事業を通じた気候変動対策と社会価値創出への取組みについてご紹介いたします。

企画担当委員
安井 滋英 (株式会社ABシステムソリューション) 久保田 隆彦 (株式会社大林組)
仲田 和正 (帝人株式会社) 佐藤 信 (東京急行電鉄株式会社)
小田島 淳悦 (ミヨシ油脂株式会社) 平原 大輔 (株式会社日本総研情報サービス)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715

このページの先頭へ