NUA WORLD 関東NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成26年度

第4回ICTソリューションセミナー
今こそ攻めのICT戦略を
〜Windows Server 2003サポート終了対策ガイド〜

開催日時 2014年 10月23日(木) 14:00〜16:15 (受付開始 13:30)
会場 NEC本社ビル B1F 多目的ホール
定員 200名
※先着順にお申し込みを受付け、定員になり次第締切とさせていただきます。
参加費 無料
※関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います)
※競合他社様からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
申込締切 2014年10月17日(金)
概要
講演1 — 14:00〜15:00
テーマ: ITインフラストラクチャ市場の展望:第3のプラットフォーム
〜Windows Server 2003マイグレーションはコストかイノベーションか〜
講師: IDC Japan株式会社
サーバー グループマネージャー  福冨 里志 氏
写真

<講演概要>
クラウド、ビッグデータ、モビリティ、ソーシャルで形成される第3のプラットフォームはITインフラに変革をもたらしています。
その一方で、サーバー、ストレージ、ネットワークなどのリソースをソフトウェアによってコントロールするアーキテクチャが不可欠になってきています。
Windows Server 2003のマイグレーションをIT部門の新たなコストとして捉えるか、あるいは第3のプラットフォーム時代に向けたイノベーションとして捉えるか、正にITインフラの今後を決める分水嶺にあると言えるでしょう。
本講演では市場や技術の動向を踏まえ、次世代のITインフラを展望していきます。

<講師プロフィール>
国内x86サーバー市場に関する調査担当を経て、現在、サーバー市場全般、およびサーバー仮想化、クラウドコンピューティング、データセンターをテーマとした調査の企画、実査/分析、講演を担当。出荷動向の調査/分析に加えて、ユーザー調査に基づく新技術や新ビジネス領域の市場機会やユーザー企業の投資意向などの分析に携わる。IDC Japan入社前は、ファンクションアナリストとして金融業のシステム化計画、システム設計/開発、システム移行を担当。その後、チャネル戦略立案、Revenue Managementなどの業務に携わる。

講演2 — 15:15〜16:15
テーマ: Windows Server 2003 サーバ移行のポイント
〜これからの仮想化、クラウドサービスを視野に〜
講師: NEC プラットフォームビジネス本部長
浅賀 博行 氏

<講演概要>
2015年7月にWindows Server2003はサポート停止を迎えます。この対応は単なるサーバOSや機種の置き換えではなく、ビジネスに強い競争力をもたらすICT基盤を導入するチャンスです。
本セミナーではWindows Server2003マイグレーションにおける移行のポイントに加え、仮想化のポイントやメリットをお示しするとともに、クラウドサービス基盤としてのNECのソリューションの特長をご紹介します。

企画担当委員
佐藤 義雄 (株式会社NHKメディアテクノロジー) 木村 信昭 (株式会社大林組)
平原 大輔 (株式会社日本総研情報サービス) 池田 一志 (帝人株式会社)
小田島 淳悦 (ミヨシ油脂株式会社) 本田 孝一 (東京急行電鉄株式会社)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715

このページの先頭へ