NUA WORLD 関東NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成25年度

第2回ビジネストレンドセミナー
未来をつかめ
〜可能性への限りなき挑戦〜

開催日時 2014年2月19日(水) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30)
会場 NEC本社ビル B1F 講堂
定員 400名
※先着順にお申込みを受け付けます。
(定員になり次第、締切りとさせていただきます。)
参加費 無料
※NUA会員企業以外の方は参加費5,000円(当日ご準備願います。)
※同業他社様からのお申込みはお断りさせていただく場合がございます。ご了承ください。
申込締切 2014年2月14日(金)
概要
NEC講演 — 14:00〜15:15
テーマ: SDNがもたらす新たなビジネスの可能性
講師: NEC SDN戦略本部長  野口 誠 氏

<講演概要>
様々なコミュニケーションやシステムを支えてきたネットワークは、現在、社会システムの高度化によって、複雑化するICTシステムのボトルネックとなるケースがみられるようになってきました。そのブレークスルーとして注目されてきたのが、ネットワークをソフトウェアで制御する「SDN(Software-Defined Networking)」です。SDNにより、ネットワークの課題解決はもちろんのこと、ICTシステムの高度化によって新たなビジネスの可能性が拡がります。
本講演では、最先端技術と豊富な導入・実証実績をもとに、SDNによるビジネス変革やビジネス創出を支援するNECの取組みや事例についてご紹介いたします。

基調講演 — 15:30〜17:00
テーマ: ハードルを超える
講師: 元プロ陸上選手  為末 大 氏
写真

<講演概要>
未だに破られていない男子400mハードルの日本記録保持者である為末氏。しかし、2003年に実業団選手の身分を自ら捨て、プロ化を宣言しました。頂点を極めるために、厳しい環境に身を置き、高いレベルでの勝負に挑む姿を見て、周囲は「侍ハードラー」と呼ぶようになりました。
小さな負けにこだわることが決定的な人生の敗北を招く。失敗をプロセスに組み込む。常に挑戦する心を持ち続ける。勝利も挫折も成長の糧にしたからこそ25年間、アスリートとして活躍できた”走る哲学者”が導く心と体の操縦法をビジネスパーソンに向けて贈ります。

<講師プロフィール>

1978年広島県出身。法政大学卒業後、大阪ガスに入社。2001年のエドモントン世界選手権において、男子400mハードル日本記録で日本人初の銅メダルを獲得。短距離・トラック種目では五輪・世界陸上を通じて「初のメダリスト」に。2003年に大阪ガスを退社し、「プロ陸上選手」となる。2005年ヘルシンキ世界選手権にて、再び銅メダルを獲得。トラック種目で2つのメダル獲得は日本人初。3大会連続でオリンピックにも出場。2012年、現役を引退した。

企画担当委員
佐藤 義雄 (株式会社NHKメディアテクノロジー)
木村 信昭 (株式会社大林組)
北方 孝好 (住友商事株式会社)
池田 一志 (帝人株式会社)
平原 大輔 (株式会社日本総研情報サービス)
村井 健二 (東京急行電鉄株式会社)
小田島 淳悦 (ミヨシ油脂株式会社)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715

このページの先頭へ