NUA WORLD 関東NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成25年度

第4回ICTソリューションセミナー
事例から学ぶスマートデバイス活用
〜BYODの実現とセキュリティ対策の極意〜

開催日時 2013年10月23日(水) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30)
会場 NEC本社ビル B1F 多目的ホール
定員 200名
※先着順で定員になり次第、締切りとさせていただきます。
参加費 無料
※ 関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います)
※ 競合他社様からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
申込締切 2013年10月18日(金)
概要
講演1 — 14:00〜15:30
テーマ: BYODのビジネス価値と活用/導入・検討のポイント
講師: ITジャーナリスト  大元 隆志 氏
写真

昨年から急速に注目が高まった「BYOD」。ワークスタイル改革等ビジョンを語る啓発フェーズは終了し、今年は具体的に「BYOD」を導入するにはどうすれば良いか?という地に足付いた視点が求められるようになってきました。
実際の国内企業の導入事例などをもとに、BYODを導入する際のメリット/課題/検討ポイントを解説します。

<講師プロフィール>

1974年生まれ。ITビジネスアナリスト/作家/ジャーナリスト。新たなITの潮流をいち早く察知し、社会や人々の価値観、行動の変化を切り出すことを得意とする。講談社 現代ビジネス、ヤフーニュース、ITメディア、翔泳社EnterprizeZine等でも幅広く活躍中。著作に「ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦」などがある。

講演2 — 15:45〜17:00
テーマ: 最新商談から見るスマートデバイス活用の傾向と実例
〜業務利用へのヒントとセキュリティの考え方〜
講師: NEC C&Cクラウド基盤戦略本部
エキスパート  仲川 賢次 氏

タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスを、本格的に業務に取り入れる企業が増えてきています。「どのように利用すればよいのか?」「導入するにあたってのポイントは?」「セキュリティの考え方」等、課題のヒントになる、業務視点から見た最新の活用事例をご紹介します。
また、MDMの新しい視点などを含め、今後のスマートデバイス活用の取り組みについてもご紹介します。

企画担当委員
佐藤 義雄 (株式会社NHKメディアテクノロジー) 木村 信昭 (株式会社大林組)
北方 孝好 (住友商事株式会社) 池田 一志 (帝人株式会社)
平原 大輔 (株式会社日本総研情報サービス) 村井 健二 (東京急行電鉄株式会社)
小田島 淳悦 (ミヨシ油脂株式会社)    
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715

このページの先頭へ