NUA WORLD 関東NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成25年度

第1回ビジネストレンドセミナー
いまを知り、いまを生きる。

開催日時 2013年7月24日(水) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30)
会場 NEC本社ビル B1F 講堂
定員 400名
※先着順にお申込みを受け付けます
(定員になり次第、締切りとさせていただきます。)
参加費 無料
※ 関東NUA会員以外の方は参加費5,000円(当日ご準備願います)
※ 同業他社様からのお申込みはお断りさせていただく場合がございます。
ご了承ください。
申込締切 2013年7月19日(金)
定員に達しましたのでお申込みを締切りました。
多数のお申込みありがとうございました。
概要
基調講演 — 14:00〜15:30
テーマ: いまを生きる力
講師: 作家  五木 寛之 氏
写真

<講師プロフィール>

1932年、福岡県に生まれる。戦後、北朝鮮より引き揚げ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。1966年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞受賞。『青春の門』で吉川英治文学賞をうける。

代表作は『朱鷺の墓』『戒厳令の夜』『風の王国』『蓮如』『大河の一滴』。翻訳にチェーホフ『犬を連れた貴婦人』、リチャード・バック『かもめのジョナサン』、ブルック・ニューマン『リトルターン』等がある。第一エッセイ集『風に吹かれて』は刊行48年をへて、現在総部数約460万部に達するロングセラーとなっている。

ニューヨークで発売された英文版『TARIKI』は、2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門銅賞)に選ばれた。また2002年度、第50回菊池寛賞。2010年、NHK放送文化賞、長編小説『親鸞』で第64回毎日出版文化賞特別賞。

1981年より休筆、京都の龍谷大学において仏教史を学ぶが、1985年より執筆を再開し、泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞、その他の選考委員をつとめる。最近作に『無力MURIKI』がある。

NEC講演 — 15:45〜17:00
テーマ: ものづくりに学ぶマネジメント革新の伝承
講師: NECエナジーデバイス
代表取締役社長  澤村 治道 氏

<講演概要>

ものづくりの世界でも、先駆者による華々しい成功事例が様々な機会に紹介され、これを手法として体系化したコンサルティングビジネスによって、誰でも容易に導入することができるようになりました。しかしながら、真に学ぶべきことはその手法ではなく、根底にある企業経営の意思と、これに根ざした行動能力の高さ、そしてこれらを活性化し続ける「改善」というマネジメントにあり、これを間違えるとカイゼンは後戻り、ということにもなりかねません。

限られたリソースを最大限活用する、これはマネジメントの本質的な課題でもあります。人材を活かすという観点も含め、NECの取組みを交えながら、マネジメント革新とその伝承の本質についてご紹介いたします。

企画担当委員
佐藤 義雄 (株式会社NHKメディアテクノロジー)
木村 信昭 (株式会社大林組)
北方 孝好 (住友商事株式会社)
池田 一志 (帝人株式会社)
村井 健二 (東京急行電鉄株式会社)
平原 大輔 (株式会社日本総研情報サービス)
小田島 淳悦 (ミヨシ油脂株式会社)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715

このページの先頭へ