NUA WORLD 関東NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成24年度

−第5回ITソリューションセミナー−
知らないと損するビッグデータ活用法

開催日時 2012年12月11日(火) 14:00〜17:15 (受付開始 13:30)
会場 ベルサール三田 Room 1+2+3
定員 200名
※先着順で、定員になり次第、締切りとさせていただきます。
参加費 無料
※NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います。)
※同業他社様からのお申込みはお断りさせていただく場合がございます。ご了承ください。
申込締切 2012年12月7日(金)
概要
講演1 — 14:00〜15:30
テーマ: 経営戦略とビッグデータ
講師: 早稲田大学 IT戦略研究所 所長
大学院商学研究科  教授  根来 龍之 氏
写真1
<講演概要>
IT技術の進歩によって、ネット上に増え続ける膨大な種類・量のデータ群「ビッグデータ」をリアルタイムに収集、分析、そして活用することが可能になっています。変化がますます加速する中で、新しい価値を作り出す源泉である「データ活用型戦略」について、事例と理論の両方から考えます。

<講師プロフィール>

早稲田大学ビジネススクールディレクター(統括責任者)・教授、同大学IT戦略研究所所長。京都大学卒業(社会学専攻)、慶應義塾大学経営管理研究科修了(MBA)。経営情報学会会長、国際CIO学会副会長、CRM協議会副理事長などを歴任。主な著書に、『CIOのための情報・経営戦略』(編著,中央経済社)、『代替品の戦略』(東洋経済新報社)、『ERPとビジネス改革』(共著,日科技連出版社)、 『デジタル時代の経営戦略』(編著,メディアセレクト)など。ビジネススクールで授業を担当すると同時に、企業でのセミナーやコンサルティングも行っている。

講演2 — 15:45〜17:15
テーマ: 見えてきたビッグデータのビジネス利用
〜先進顧客との実証実験を通して〜
講師: NEC プラットフォームマーケティング戦略本部
シニアマネージャー  荒井 匡彦 氏

<講演概要>

NECはビッグデータに関して、キャリア・金融・製造・流通・社会インフラ等の分野にて、様々な企業と共同で実証実験を行なっています。これら実証実験を通して、NECのオリジナル技術を活用したデータ分析ソリューションの先進的な適用事例が出てきています。
本講演では、業務改善から営業・販売力強化、経営・リスク管理など、ビッグデータ活用による新たな価値創造を実現されている事例を中心に、NECの取組みについてご紹介します。

企画担当委員
佐藤 義雄
(株式会社NHKメディアテクノロジー)
木村 信昭 (株式会社大林組)
北方 孝好 (住友商事株式会社) 村井 健二 (東京急行電鉄株式会社)
森屋 実 (株式会社三井住友銀行) 小田島 淳悦 (ミヨシ油脂株式会社)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715

このページの先頭へ