関東NUA

女性セミナー「コミュニケーション・ビューティ・トレーニング」

関東NUA
開催概要第1日目夕食・懇親会第2日目参加者の声編集後記

第1日目 13:45-18:00

集合
浜名湖で開催したものの、残念ながら会場からは浜名湖は見えませんでした。しかしお天気は大変良く、10月とは思えないほど少し汗ばむほどの陽気で、気持ち良かったです。
 
セミナー開始〜グループ内自己紹介
写真:セミナー開始〜グループ内自己紹介
講師の藤井さんをお迎えして研修がスタートしました。
初めて合う方同士、皆様最初こそ緊張されてましたが、グループ内自己紹介以降、一瞬にしてその場が明るく和やかな雰囲気に変わりました。

◆自己紹介

  • 自己紹介(氏名、現在の役割、研修から解決のヒントにしたい課題など)
  • これから活躍するために自身に必要なスキルとは?
 
安定的な成果を出すための3つのステップとは
写真:安定的な成果を出すための3つのステップとは
  1. 自己理解
  2. 感情マネジメント
  3. タイムマネジメント
  • 継続的に成果を出すためにはブレない軸を手に入れる必要であり、女性特有の脳とホルモンの構造を理解し自覚するとコントロールしやすくなる。
  • そもそもブレる理由がある。
 
自己理解
写真:自己理解

◆キャリアの定義

キャリアとは、個人の生涯に亘る仕事から培った能力の全て。
  • 仕事や人とのやりとりで気づいたこと
  • 社内外で知り合った出会い
  • 経験や実績
  • 実践や研修で得た知識
  • 仕事に対する想いや姿勢 など

◆キャリアデザインは必要?

キャリアデザインはするべき。ではどのように?
自分をみつめる3つの側面…can、needs、want
  • can…スキルの向上→テクニカルスキル、ヒューマンスキル
  • want…仕事を続けるために必要、なりたい姿、wantが具体的になるよう
  • need…3年後に必要な人間になるためになど、何を求められているか考える

◆キャリアアップに対する責任は?

会社と自分の責任の割合の比率は?実は自分の責任である。
キャリアは「自分でつくるもの」!選択肢を楽しもう

◆キャリア形成のためのヒント

ゆだねることで形成されるキャリアの側面。
「人生の”80%”は、本人も予期しない偶然の出来事によって作り上げられている。」
写真:自己理解

◆ここから考えられることは・・

  • しっかり計画を立ててもその通りにならないことが多い。でも計画を立てないと、流されてしまう。
  • 偶然の出来事をチャンスにするためには、自分がどうしたいのかの軸はハッキリさせる。(20%の計画を立てる)
    「自分がイキイキとなりたい姿をクリアに持つ!」
    なんでも「やってみる」精神で、人間力を高める。
  • 漠とした不安を取り除き成果を出す。

◆価値観とは?価値観の形成の仕方

  • 評価されたこと、承認されるタイプ。
  • 成功体験で変化、大人になってから価値観が変わってくることがある。
  • 各タイプの価値観から派生する。

◆自身の軸となる、WANTを発見、価値観診断。

<6つのタイプ>
タイプ1:完璧、出来たことよりも出来なかったことに目が向く、自分にも他人を見る時も自分としての折り合いをつけてから報告したい、知識をつけてから行動に移す。
分析力に長けている。適当な人を苦手とする。
タイプ2:思いやり、感謝などを大切とする。人とコミュニケーションを取る。
初対面でも自ら話す。人に何かをやってあげるとき相手が喜ぶ姿を頭に描きながら行動する。承認要求。人間関係からやりがいを感じる。コミュニケーションを大切とする。
タイプ3:成果重視のタイプ。目標、達成、成果、ゴールという言葉をよく使う。守りの仕事が辛い。
数字での目標が立てづらい。目標にかられている人。目に見える指標があるほうが頑張りやすい。リーダーシップスキルを持っている。
タイプ4:ものの見方を人と違うように見ようとしてしまう。集団が苦手。
ガチガチに管理されるのを苦手とする。
タイプ5:カリスマ性、権力。政治家、タレント、社長、出世を意識した人。
勢いがあり、声が大きい。人の話を聞かない。話を聞いてもらうスタンスを持つと良い。
義理人情が厚い。
タイプ6:組織安定重視。変化が得意でない。コツコツ淡々と仕事をする。自分も合わせて周りが平和である。縁の下の力持ちになるのが幸せ。ルールがあったほうが仕事がしやすい。
変化を起こさないという意識。協調性があるタイプ。
 
プライバシーポリシーCopyright (C) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.