関東NUA

管理者セミナー2010

関東NUA

ごあいさつ

本セミナーは、経営者、管理職の方々にとって今後のビジネスに役立つ情報やスキル、課題解決のヒントの取得と、異業種交流による人脈作りを目的としております。
本年度は、様々な切り口から、今後に役立つ情報やヒントを掴んでいただけるよう、多彩なプログラムをご用意いたしました。
日常の業務と少し違った視点から、新たな発見や気付きを得ていただければ幸いです。
経営者の方から経営企画部門、IT部門の管理職の皆様まで、多くのご参加をお待ちしております。
管理者セミナー 企画担当委員
遠藤 紳一(スミセイ情報システム株式会社)
鳥越 正敏(株式会社 トウ・ソリューションズ)

開催概要

開催日程 2010年10月26日(火)
開催場所 NEC泉華荘
参加対象 関東NEC C&Cシステムユーザー会会員企業/団体の
経営企画部門、情報システム部門の管理職(部長職以上)
参加費 無料
定 員 50名
*1社1名様迄とさせていただきます。
*定員になり次第、締切りとさせていただきます。
申込締切 2010年10月15日(金)
定員に達しましたのでお申込みを締切りました。多数のお申込みありがとうございました。

プログラム

基調講演
13:30〜14:30
写真:岡本 行夫 氏 「大転換する国際経済構造への対応」
外交評論家・岡本アソシエイツ代表 岡本 行夫 氏
<講演概要>
中国をはじめとする新興国の台頭がめざましく世界の構造が大転換を遂げています。日本のビジネスにとって新しい時代を生き抜くために必要なことは何か。新興国の市場とどのように向き合うのか、世界の技術動向はどこへ向っているか。日本は残念ながら大競争時代に取り残されつつあります。対応は今からでも間に合うでしょうか。日本は、企業はどうすればいいのか、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

<講師紹介>
1945年、神奈川県出身。1968年一橋大学経済学部卒、外務省入省。
1991年退官。同年、岡本アソシエイツ設立、代表取締役就任現在に至る。
橋本内閣で1996年〜1998年総理大臣補佐官(沖縄担当)。小泉内閣で2001年9月より内閣官房参与、2003年4月より2004年3月まで総理大臣補佐官(イラク問題担当)。NPO法人「新現役ネット」理事長、立命館大学客員教授。
国際問題の専門家として、政府関係機関や企業への助言活動の傍ら、講演や新聞、雑誌への執筆など幅広く活動。

<主な著書>
『知の超人』、『砂漠の戦争〜イラクを駆け抜けた友奥克彦へ』、
『日米同盟の危機-日本は孤立を回避できるか』、
そのほかに、『岡本行夫現場主義を貫いた外交官 90年代の証言』がある。
コミュニケーションセミナー
14:45〜16:00
写真:三遊亭 好楽 氏 「好楽流! 落語に学ぶビジネスコミュニケーション」
落語家 三遊亭 好楽
<講演概要>
ITの進化とともに、コンピューターと向き合う時間も多い管理者の方々にとって、様々なビジネスシーンにおけるコミュニケーションの重要性が増してきています。
いかに人を惹きつけ、コミュニケーションを構成させていくか。身振りと語りのみで物語を進めてゆく独特の演芸である落語の観点から、ビジネスに必要なコミュニケーション方法への活かし方についてお話いたします。
笑いから生まれる発想力と、卓越したコミュニケーション術をぜひお楽しみください。

<講師紹介>
正蔵の「鰍沢」を聞いて落語の世界に魅せられ入門を決意。古典落語に情熱を傾ける。得意ネタは「抜け雀」、「子別れ」、「兵庫船」、「錦の袈裟」、「蛇含草」といった珍しい噺にも積極的にチャレンジし落語ファンを喜ばせている。
TVやCMにも活躍しているが、講演にも力を入れ、高校生対象の講演活動で全国を回る。ゲートボールのテレビ番組を担当したことがあり、ゲートボールファンにも人気。
また、ガン予防をテーマにした落語を発表したりNTT「てれふぉん落語」で時事小噺を行なったりと情熱的に活動。講演会では得意の話術で場内を湧かせ「生きる歓び」を伝えている。

<経歴>
1946年8月6日生まれ。
1966年4月故林家 正蔵自宅へ通うこと4日にして、ようやく弟子入りを許される。前座名「林家 九蔵」。
1981年8月真打昇進。日本テレビ「笑点」で大喜利メンバーに選ばれる。
1983年4月正蔵(彦六)の死去により、三遊亭 円楽一門に移籍。「三遊亭 好楽」に改名。心機一転、出直しをはかるため「笑点」を降板。独演会や一門会で古典落語をみっちり修行。3年間で約60席のネタをおろすなど芸に磨きをかける。
1988年「笑点」に復帰、現在もレギュラーとして活躍中。
自己表現セミナー
16:15〜17:30
写真:唐澤 理恵 氏 「パーソナルデザイン」
〜自分らしさをデザインする、キャリアを表現する身だしなみ〜
株式会社 パーソナルデザイン 代表取締役
パーソナルプロデューサー
唐澤 理恵 氏

<講演概要>
ビジネス、プライベートに関わらず、人に好感を与えるためには、内面を磨くだけでなく、「印象力」を左右する外観を磨いていくことが重要です。
「印象力」と聞くと、ビジュアルやルックスの良し悪しを指しているように感じるかもしれません。しかし、パーソナルデザインの領域でいう「印象力」とは、むしろ「表現力」に近いもの。自分の個性を素直に受け入れて、“見せる”“見られる”ことにどこまで戦略的になれるかが、外見マネジメントの成功を分けるポイントとなります。
自分の内面的な特性を見つめ、外見の表現に反映していく。セルフイメージを高め、魅力的なあなたの印象を引き出すコツとセンスを、パーソナルデザインの観点からお話いたします。

<講師紹介>
株式会社ノエビアに入社。営業支店長として赴任した支店を全国一位に育てる。その後、最年少で同社初の女性取締役に就任し、マーケティング部門を担当。2000年に退任後、現在の株式会社パーソナルデザインを設立。
以来、1000人を超える経営者・政治家等のエグゼクティブのヘアスタイル、服装、話し方、立ち居振る舞いなどを指南するパーソナルデザインを手がける。企業対象の講演・研修も多い。
2008年3月、東京・港区のTBS旧社屋の跡地に完成した新名所『赤坂サカス』に、「働く男のための身だしなみ空間 PDS パーソナルデザインスタジオ」をオープン。テレビ・新聞・雑誌などで話題を呼んでいる。
また、桐朋学園芸術短期大学、湘北短期大学、九州大学では、非常勤講師として「パーソナルデザイン」をテーマに教鞭を取り、早稲田大学大学院博士課程では「顔の印象と職業についての相関関係」について研究中である。

<著書・監修>
2004.11 『デキる上司の外見成功術』(KKベストセラーズ)
2005.07 ビデオ『 第一印象で差をつける 外見力マネジメント』(日本経済新聞社)<監修>
2005.12 『「見た目」で差をつける営業』(成美文庫)
2007.09 『声で勝つ!』(インデックスコミュニケーションズ
2008.04 ニンテンドーDSソフト『 〜見た目からよみがえる〜大人の着こなしトレーニング』(株式会社サクセス)<監修>
2009.07 『見た目で誤解される人』(経済界)
交流会
17:45〜19:00
会員相互の交流の場です。

会場/アクセス

NEC泉華荘
東京都港区白金台5-7-16
NEC泉華荘へのアクセス
[地下鉄]
三田線・南北線白金台駅下車
一番出口徒歩約8分
●地下鉄下車後の道順
会場へは、地下鉄白金台駅1番出口を出て目黒通りから外苑西通りに入り「右手に東京大学医科学研究所西門がある信号」を左折して(斜め左へ入る路地)お進み下さい。
左折後二つ目の路地を右折して頂き、本館入口からご来場下さい。

[バス]
JR目黒駅東口より都バス利用
千駄ヶ谷駅行・新橋行
東大医科研西門下車徒歩3分
 

お問い合わせ先

関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局 松尾、竹内、山口
NEC CRM本部内
住所:東京都港区芝5-7-1 NEC本社ビル
TEL:03-3798-8664 / FAX: 03-3798-8715
プライバシーポリシーCopyright (C) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.
軽井沢プリンスホテルサイト