関東NUA 女性セミナー2010 会合報告

関東NUA
TOP講演1講演2休憩時間運営委員から編集後記

講演会2 15:45-17:00

テーマ
「『メイクセラピーとキャリアデザイン』〜心と顔はつながっている〜」
写真:岩井 結美子(いわい ゆみこ) さん
岩井 結美子(いわい ゆみこ) さん
有限会社オフィスグレイス 代表取締役
(講師略歴)
営業、人材教育コンサルティング、医療機関(心療内科)での心理相談など、多彩なキャリアを活かし起業。心療内科勤務時代、心理カウンセリングにメイク技術を取り入れた独自の「メイクセラピー」の手法を開発する。幅広い業界での女性支援にメイクセラピーが活かされるよう精力的に活動している。メンタルヘルス対策や人材育成支援の専門家でもある。著書に「美人セラピー」(PHP文庫)
講演概要
「なりたい自分」はありますか?その自分に、まずは“外見からなってみる!”。そんな自分磨きの方法があるのです。「心」と「顔」は繋がっています。外見がステキに変われば、心の中にもポジティブな変化が起きます。精神的な安定や前向きな気持ち、積極的な行動・・・。ハッピー体質になって自分らしくキャリアデザインするコツを事例を交えてご紹介します。メイクセラピーの手法を使ったプチメイクデモンストレーションも行います。

ポイント1 〜印象力を磨こう!魅せたい自分にみられていますか?〜
メイクセラピー(化粧療法)とは、メイクによって顔の印象が変わることで、周囲との人間関係が変化したり、自分自身の気持ちや行動がポジティブになること。
一般的に「自己認知」と「他者認知」との重なりが大きいとストレスが少ないと言われています。
印象のインパクトは視覚、聴覚、言語の中での視覚の割合が最も高く半分以上を占めます。
見た目を少し変えるだけで、欲しい関係性が手に入る可能性があります。
なりたい自分を見つけ、見られたい自分に見えるよう見た目から変えていきませんか?
ポイント2 〜印象が変わるとココロも元気に!〜
写真:講演の様子
メイクセラピーで見た目の印象が変わると、まず自分の顔を見て満足し、その気になる効果で表情や話し方が変化します(自己承認)。
さらに周囲の反応変化が自信に繋がります(他者承認)。
あなたのキャリアにはどんな印象が必要ですか?
 
ポイント3 〜メイクデモンストレーション・ポイント〜
写真:講演の様子
  1. 瞼にもパウダーを。アイメイク崩れを防止します。
  2. 眉毛描きは大切です。(1に眉毛。2に眉毛。3、4がなくて5に眉毛)
  3. チークは必ず入れましょう。血色良く健康に見えます。
  4. アイメイクは目の骨の中に納めましょう。
  5. リップはライナーよりもワントーン薄い色を。
 
Copyright (C) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.