関東NUAトップ > 会合 平成22年度> > ICT最新技術で変化する社会 〜5年後も無駄にならないICT投資〜
会合 平成22年度

−第1回ITソリューションセミナー−

ICT最新技術で変化する社会

〜5年後も無駄にならないICT投資〜
開催日時 平成22年5月20日(木) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30)
会場 東京グランドホテル 3F 桜の間
定員 150名 *先着順にお申込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無 料 *関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います)
申込締切 5月18日(火)
概要
講演1(14:00〜15:30)
テーマ 「ICT最新技術で社会はどう変化していくのか?」
講師 慶應義塾大学総合政策学部長 國領 二郎 氏
<講演概要>
日々進化するICT技術。企業におけるICTの役割は経営基盤に欠かせない要素として、より重要性を増しています。一方でネット通販やホームコンピューティングも我々の日常生活に無くてはならないものとなってきています。
ICT最新技術でビジネス社会や我々の生活はどのように変化していくのか?
ICT活用に向けての国家戦略の解説と共に、今後本格的に導入が見込まれるクラウドコンピューティングを交え近未来の『情報社会』の姿をご紹介いただきます。
<講師プロフィール>
写真:國領 二郎 氏
1982年東京大学経済学部経営学科卒業。日本電信電話公社入社。1986年までに計画局、新規事業開発室などに在籍。1988年6月、ハーバード大学経営学修士号を取得。1992年ハーバード大学経営学博士。日本電信電話株式会社企業通信システム本部勤務。1993年慶應義塾大学大学院経営管理研究科助教授。2000年同教授。2003年慶應義塾大学環境情報学部教授。2005年慶應義塾大学SFC研究所長。2006年慶應義塾大学総合政策学部教授。2007年慶應義塾大学インキュベーションセンター所長。2009年慶應義塾大学総合政策学部長。
講演2(15:45〜17:00)
テーマ 「新しい技術・ICT環境をビジネスで活用するための備え」
〜ユビキタスを支える技術と有効性を探る〜
講師 NEC プラットフォームマーケティング戦略本部
ニューITエバンジェリスト 林 雄代 氏
<講演概要>
時代の変化とともにICT環境も大きな変化を遂げています。このような時代のICT投資は、ビジネスの成功をも左右するほど非常に難しいものとなっています。本セミナーでは、ユビキタス社会が本格化する中での無線通信の進化、音声認識、仮想化など、最新動向をご紹介すると共に、これから起こるであろうICTの変化を予測し、ビジネススタイルがどのように変わっていくか?どのようなICT投資をしていけばいいのか?など、これから必ず役に立つ情報をわかりやすく説明いたします。
企画担当委員
木村 信昭(株式会社大林組)
東 吉郎(財団法人日本情報処理開発協会)
西山 泰弘(日本通運株式会社)
森屋 実(株式会社三井住友銀行)
大森 康正(住友商事株式会社)
田村 喜望(日本大学生産工学部)
後藤 明男(株式会社文明堂新宿店)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop