関東NUAトップ > 会合 平成21年度 > IFRS導入に向けて、今企業がなすべきこと〜企業へのインパクトと対応策〜
会合 平成21年度

神奈川部会第4回定例会

(国際財務報告基準)
IFRS導入に向けて、今企業がなすべきこと

〜企業へのインパクトと対応策〜
日時 2010年2月24日(水) 15:30〜17:40(受付開始 15:00〜)
場所 NEC神奈川支社
住所: 横浜市西区みなとみらい2−3−5 クイーンズタワーC 7F
TEL : 045−682−4511
参加費 無料 (非会員2,000円)
定員 40名
(定員になり次第締め切らせて頂きます。また、駐車場はご用意しておりませんので、予めご了承願います。)
申込締切日 2010年2月22日(月)
概要
【講演 1 ---15:35 〜 16:35】
テーマ 『IFRSの概要と必要な企業経営の変革』
講師 NECコンサルティング事業部
エキスパート 米国公認会計士 上條 圭
IFRS適用にあたっては、経理業務のみならず、事業部門の業務や さまざまな情報システムの変更が必要になります。
IFRSの概要と業務・システムに求められる要件をご説明するとともに、企業としての対応方針を明確にするためのヒントをお話いたします。
【講演 2 ---16:40 〜 17:40】
テーマ 『IFRS適用に向けたITシステム改革の取り組み』
講師 NECソフト神奈川支社 会計ソリューションSIグループ
グループマネージャ 米国PMI認定PMP 森川 兼利
IFRSは、国際市場競争に欠く事のできないグローバルな業務基盤です。
本セミナーでは、多くの課題と負担が見込まれるIFRS適用に関して、「導入プロジェクトの進め方」や「システム化の方向性」などをお話いたします。
※ユーザ様やPKGベンダー、コンサルタント等からのコメントも織り交ぜより身近な内容をお伝えしたいと思います。
問い合わせ先 関東NUA神奈川部会 事務局 福井・田中
TEL:045-682-4511(土日祝日を除く 9:00〜17:00)
pagetop