関東NUAトップ > 会合 平成21年度 > 革新者に学ぶイノベーション力!
会合 平成21年度

−第2回ビジネストレンドセミナー−
逆境時の処方箋

革新者に学ぶイノベーション力!

開催日時 平成22年2月17日(水) 13:30〜17:30 (受付開始 13:00)
会場 NEC本社ビル B1F 講堂
定員 300名 *先着順にお申し込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無 料 *NUA会員以外の方は5,000円(当日ご準備願います)
申込締切 2月15日(月)
概要
【基調講演---13:30〜14:45】
写真:堀場 厚 氏
テーマ 「イノベーション企業 堀場製作所に学ぶ独創性とは?」
講師 株式会社堀場製作所 代表取締役社長 堀場 厚 氏
≪講演概要≫
「日本企業は教科書通りの答えを探し過ぎる」
世界シェアトップの分析機器を数多く持ち、従業員約5千人の半数以上が外国人というグローバル企業の株式会社堀場製作所。 個別のニーズに対応したカスタマイズ製品を提供しなければならない同社では、教科書にはない独創性が求められています。
イノベーション企業である株式会社堀場製作所が持つ独創性とそれを生み出す仕組みについてご紹介します。
≪講師プロフィール≫
1948年生まれ。1971年甲南大学理学部卒業後、オルソン・ホリバ社(米国)に入社。 1972年に株式会社堀場製作所に入社。1977年カリフォルニア大学大学院工学部修了。 株式会社堀場製作所にて海外技術部長、営業本部長等を経て、1992年に代表取締役社長に就任。
2005年より代表取締役会長兼社長に就任し、現在に至る。社団法人 日本分析機器工業会長、 株式会社ワコールホールディングス 取締役、京都パープルサンガ後援会長等も務める。
【特別講演---15:00〜16:15】
写真:中田 宏 氏
テーマ 「企業が断行すべきタブーなきイノベーション」
講師 前横浜市長 中田 宏 氏
≪講演概要≫
「日本をポルトガルにしてはいけない」
かつて世界の海を支配した国の街並みは煤け、道路はボロボロ。 栄華を極めた活気は感じられず、国はここまで落ちぶれるものかと思った。 ひるがえって我が国をみてみると、若者に自ら頑張って国を立ち直らせようとする気概が感じられず、 このままではポルトガル化してしまうのではないかと危機感を覚える。 企業も同様で、社員が危機感を共有し、一丸となってイノベーションを起こしていく気概を持たなければ、 経済力は落ち社会全体が衰退するのは必至です。
どのようにして危機感を共有し、イノベーションを実現すればよいか? 横浜市長として、タブーなきイノベーションを断行してきた事例をご紹介します。
≪講師プロフィール≫
1964年生まれ。青山学院大経済学部を経て松下政経塾へ。 1993年、1996年、2000年、衆議院議員に連続当選、衆院決算委員会理事、運輸委員、逓信委員を務める。2002年37歳で横浜市長に就任。 横浜市長就任当時6兆2200億円あった市の借金を、2期8年で約1兆円返済した。 ごみの排出量40%削減、職員定数20%削減、入札制度の電子入札・一般競争入札制度化、違法売春街の撤廃などタブーなき改革を断行。 2005年世界経済フォーラムから「Young Global Leader(若き国際的指導者)」に選出される。 2009年首長連合を立ち上げ地方分権改革を牽引。同年横浜市長を退任。現在、よい国つくろう!日本志民会議で国民運動に取り組んでいる。
【NEC講演---16:30〜17:30】
テーマ 「技術主導のイノベーション〜NECらしさ復活の処方箋となるために〜」
講師 NEC 取締役 執行役員専務 大武 章人 氏
技術がデザインと結びついて高評価を得始めた携帯電話、ディスプレイ一体型等の技術トレンドを捉えたパソコン。 今、NECらしさを表現し始めた個人向け端末が、BIGLOBEを中心としたサービスと融合し、 新たなイノベーションを創造しようとしています。NECらしい技術力の強みを根幹としたイノベーションが目指す先に何があるのか?NECグループ内の様々な事業が融合した最新製品を交えてご紹介します。
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
主催:関東NUA / 共催:NEC
pagetop