関東NUAトップ > 会合 平成21年度 > 次世代ネットワークでコスト削減と現場力アップ!
会合 平成21年度

−第6回ITソリューションセミナー−

次世代ネットワークでコスト削減と現場力アップ!

〜新ネットワークサービスとクラウド活用の考え方〜
開催日時 平成21年12月16日(水) 13:30〜17:20 (受付開始 13:00)
会場 NEC本社ビル 多目的ホール
定員 200名 *先着順にお申込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無 料 *関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います)
申込締切 12月14日(月)
概要
講演1(13:30〜14:30)
テーマ 「2010年 日本の通信業界」
講師 日経BP社
コンピュータ・ネットワーク局長補佐、ITproディレクター 林 哲史 氏
<講演概要>
今企業は、100年に一度の大不況といわれる「危機の時代」に直面しています。 新型インフルエンザによる事業継続が大きな課題となっており、また、政権交代により企業を取り巻く環境も大きく変わっていくものと思われます。 このような状況下で、ICT業界とりわけ通信業界の現状を紹介すると共に2010年以降話題となりそうな技術、サービス、ビジネスモデルを予測します。
講師紹介
写真:林 哲史 氏
1985年日経BP社に入社。日経データプロ、日経コミュニケーション、日経NETWORKにて、ネットワーク技術/インターネット技術分野を中心に取材活動を進める。その後、日経バイト編集長,日経NETWORK編集長,日経コミュニケーション編集長を経て,2009年より現職。
講演2(14:40〜15:40)
テーマ 「新サービスとクラウドで革新する企業ネットワーク−Gmailはいらない」
講師 NEC
企業ネットワークソリューション事業本部
技術主幹 松田 次博 氏
<講演概要>
企業ネットワークの世界は今、革命と言えるほどの変化が起きています。KDDIやNTTコミュニケーションが7月から始めたバースト回線サービスはネットワークの高速化・低価格化を両立できます。携帯各社の高速データ通信サービス、ワイヤレス・ブロードバンドは現在最大40メガですが、来年末には86メガのサービスが始まる予定です。これらの新サービスの活用方法を具体的なモデルで紹介します。
Gmailをはじめクラウドが話題になっています。サービス化は企業にとってメリットがありますが、Googleのような形態が必ずしも企業に適しているとは言えません。具体的にGmailとそれ以外のサービスを比較し、上手なクラウドの使い方を示します。
講師紹介
写真:松田 次博 氏
IP電話ブームのきっかけとなった「東京ガス・IP電話」、脱・専用線、脱・ブランドを徹底して大規模ネットワークを構築した「積水化学ネットワーク・リストラ」など、一貫して最新の技術や通信サービスを生かした企業ネットワークの革新を提案、実現。
近著に「ネットワークエンジニアの心得帳」(2005年、日経BP社刊)、「間違いだらけのネットワーク作り」(2008年、同)がある。 NTTデータを経て,NEC勤務。
パネルディスカッション(15:50〜17:20)
テーマ 「企業はネットワークサービスやクラウドをどう活用すべきか」
コーディネータ 松田 次博 氏(NEC 企業ネットワークソリューション事業本部 技術主幹)
パネリスト
寺嶋 一郎 氏(積水化学工業株式会社 コーポレート 情報システムグループ長)
「積水化学工業のプライベート・クラウドと情報共有」
林   哲史 氏(日経BP社 コンピュータ・ネットワーク局長補佐、ITproディレクター)
津坂 徹郎 氏(バークレイズ・キャピタル証券株式会社CFA協会認定証券アナリスト、超ガラパゴス研究会委員)
「超ガラパゴスの戦略と次世代ネットワーク」
<講演概要>
パネリストとして、セミナー講演者とユーザ代表を加え、今の企業ネットワークの抱える課題とこれからの企業ネットワークへの要望や期待について、それぞれの立場から議論します。
企画担当委員
丸本 幸宏  (株式会社大林組)
安澤 紳太郎 (株式会社コスモプラニング)
東   吉郎  (財団法人日本情報処理開発協会)
田村 喜望  (日本大学生産工学部)
下田 完司 (ブリヂストンソフトウェア株式会社)
後藤 明男 (株式会社文明堂東京)
森屋 実  (株式会社三井住友銀行)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop