関東NUA 女性セミナー2009 会合報告

関東NUA
TOP講演I講演II休憩コーナー運営委員から編集後記

講演会U 16:00-17:30

テーマ
「あなたの魅力を引き出す“話し方美人講座”」
写真:会田 幸恵 さん
会田 幸恵 さん
KEE’S 取締役 教育企画室室長
(講師略歴)
跡見女子学園大学卒業後、愛媛朝日テレビに勤務。報道、情報番組キャスター、高校野球ベンチレポートを担当。放送現場で培った話し方、聴き方のスキルを『一般の方にも分かり易く伝えたい』という思いで、アナウンサー30名を集め話し方研修会社(株)KEE’Sを設立。声作りから話し方の構成法・スピーチパフォーマンス・会話テクニックまで、「話し方」を体得する研修を3年間で約40社・2000名に実施。KEE’Sの一部の講座・試験は厚生労働省の認定を受けている。
講演概要
「人前に出るといつもの自分を出せない!」そんな悩みはありませんか?でも、話し方は《技術》です。
自信がないのは今まで誰からも習った事がないので当たり前なのです。イキイキとした話し方や聴き方は、皆さんのお仕事や更にはプライベートの可能性をも拡げてくれるはずです。本セミナーでは、現役アナウンサー会田さんが、皆さんの魅力を引き出す話し方の他に、豊かな表情や姿勢の作り方、女子アナヘアメイクのポイントや隠し技についてもご紹介いただきました。

ポイント1
写真:講演の様子
  • 印象UPの話し方:3つのスイッチ(顔・声・心)が大切。
  • 表情筋チェック:ア・イ・ウ・エ・オ発音で表情筋を鍛えて、口角をあげる。
  • 魅力ある声になる:歌うように斜め45度で話す。母音を強調する。
    ドレミの“ソ”のトーン。
ポイント2
写真:講演の様子
知的に見える女子アナヘアメイク〜清楚で知的なお嬢さんをテーマに〜
  • 知的アイシャドー:肌の中にある色を使う(ピンク・ベージュ・ホワイト・ブラウン)
  • ラインが命:眼の上下の粘膜にインラインを入れる。
  • シャドー技:ベージュなど肌なじみのいいものを眉間から“3”を描くように入れる。
  • 髪は耳を出すのと、斜め前髪でオデコを見せる(知的に見える)
  • 美しい歩き方:姿勢4点留め、ショッピングカート、指は曲げずに腕振りは後ろ。
 
ポイント3
会話美人レッスン
  • 会話膨らませテクニック:相手に合う話題を振って、話題サーフィンをする。
  • 会話膨らませヒント:ほめる、質問を多くする、相手の名前を随所に入れる、マル秘を聞き出す。
  • ロジカルな話し方:結論を述べる→理由の数と概要を述べる→理由の詳細を述べる。
  • 話し方美人の会話のマナー:相手の話を引き出す。クッション言葉を活用する。

<話し方美人 3つのお手軽スイッチ>
  • うれしい(顔:表情筋を意識する)
  • たのしい(声:ドレミの“ソ”のトーンで話す)
  • だいすき(心:テンションを3倍にする)
Copyright (C) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.