IT経営リーダー養成講座

関東NUA
TOPご挨拶本講座の目的本講座の特徴プログラムお申込みお問合せ

プログラム


回数

日程

テーマ・講師

概要

進め方
第1回 11/17(月) 「儲ける経営戦略」
早稲田大学ビジネススクール
教授 山田 英夫
□オープニング
 ・受講者自己紹介

□儲けるビジネス戦略
 ・講義とケースディスカッション
  - 儲ける仕組み(戦略)
  - ケース
「マーケットシェアをとれば利益が出る時代」は終わりました。現代は、いかに儲けの仕組みを作り、他社に簡単には追随されない構造を作り上げることが肝要です。本講座では、最新のビジネスモデルを持つ企業のケースメソッドに続いて、儲けの仕組みに関するフレームワークを講義します。
第2回 11/21(金) 「IT活用経営戦略」
横浜国立大学大学院
環境情報研究院
教授 竹田 陽子
□IT活用の経営戦略(その1)
 ・講義とグループワーク、
  ディスカッション
  - ITと生産性
  - 技術の不連続変化への対応
  - 組織戦略
経営戦略に連動したITの活用の仕方を、日常の業務から一旦離れて大きな視野から見詰めなおし、再び現場に根ざした具体的なアクションに結びつけていきます。正解ではなく考え方を学ぶことを目的としていますので、講師の話を聞くことよりも、受講者がグループワークや全体ディスカッションを通して自ら考え、アイディアを出していく過程を重視します。
第3回 12/5(金) □IT活用の経営戦略(その2)
 ・講義とグループワーク、
  ディスカッション
  - 市場創出
  - 非営利の世界との接点
  - まとめ
第4回 12/19(金) 「IT戦略立案手法」
前橋システムコンサルティング
代表取締役 前橋 雅夫
□IT戦略投資
 ・講義と演習
  - CIOの役割
  - IT戦略基礎知識
  - ITバランススコアカード
  - IT投資企画書
IT戦略立案プロセスとIT投資マネジメントの基礎知識を学習します。限られた経営資源で最高のITパフォーマンスを引き出す戦略面でのポイントをケーススタディ演習を通して理解します。
第5回 1/19(月) 「IT投資評価手法」
前橋システムコンサルティング
代表取締役 前橋 雅夫
□IT投資評価
 ・講義と演習
  - IT投資の実態確認
  - IT投資の費用把握
  - IT投資の効果
  - IT投資の評価モデル
「IT投資はしているのだけれど本当にそれだけの効果がでているのだろうか?」このような悩みを解決するために、「IT投資の評価モデル」を構築して費用対効果の側面からIT投資の有効性を評価する手法を学習します。IT投資ポートフォリオやITバランススコアカードなどのメソドロジの活用方法をケーススタディを通して体験します。
第6回 1/29(木) 「ITのためのプロジェクトマネジメント基礎」
大浦総合研究所
代表 大浦 勇三

□プロジェクトマネジメントの基礎

・講義と簡単な演習
- プロジェクトマネジメントの最新動向
- 最新プロジェクトマネジメントの実践
- ステークホルダー・ニーズ分析
- プロジェクトマネジメントからみたCIOの役割

□課題中間発表会

環境変化を踏まえ、高度化・複雑化する「経営におけるITニーズ」に対してのプロジェクトマネジメントに関する包括的な(全体最適志向)理解を深めます。
第7回 2/13(金) 課題発表会
早稲田大学ビジネススクール
教授 山田 英夫
□課題発表会
受講者による発表と講師講評
課題「ITによる自社の改革」
受講者による発表と講師講評

講師プロフィール

山田 英夫  「儲ける経営戦略」  第1、7回担当
山田 英夫 氏
所属 早稲田大学ビジネススクール(大学院商学研究科)教授(学術博士)
経歴慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)後、株式会社三菱総合研究所入社。大企業の事業領域の策定・新事業開発のコンサルティングに従事後、早稲田大学に移籍。2001年よりアステラス製薬株式会社社外監査役を兼務。
専門競争戦略
著書『逆転の競争戦略:第3版』生産性出版 2007、『ビジネス版・悪魔の辞典 増補改訂版』日本経済新聞出版 2007、『なぜ、あの会社は儲かるのか?』(共著)日本経済新聞社 2006、『経営戦略 新版』(共著)有斐閣 2004、『デファクト・スタンダードの競争戦略』白桃書房 2004、日経で学ぶ経営戦略の考え方』(共著)日本経済新聞社 2004、 『デファクト・スタンダードの経営戦略』中公新書 1999 他
竹田 陽子  「IT活用経営戦略」  第2、3回担当
竹田 陽子 氏
所属 横浜国立大学大学院環境情報研究院 教授 (経営学博士)
経歴 京都大学(心理学専攻)卒業、市場調査会社に勤務後、慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程修了。博士(経営学)。国際大学グローバル・コミュニケーション・センターを経て、現在、横浜国立大学大学院環境情報研究院教授。
専門 経営情報(情報技術と経営戦略、情報技術とイノベーションマネジメント)
著書 『情報システム導入におけるコミュニケーションの問題』 2007 組織科学
『Mobile commerce at crossroads Communications of the ACM』 2003
『情報技術による分化・統合のマネジメント:製品開発における3次元情報技術利用の事例』 2001 組織科学
『オープン・ネットワーク上の取引のマッチングにおける 売り手側の自社情報開示の条件』 2001経営情報学会誌
『プロダクト・リアライゼーション戦略 −3次元情報技術が製品開発組織に与える影響』 2000 白桃書房
前橋 雅夫  「IT戦略立案手法」 「IT投資評価手法」  第4、5回担当
前橋 雅夫 氏
所属 前橋システムコンサルティング株式会社代表取締役
経歴大学卒業後、情報処理サービス会社、電子機器メーカの情報システム部門を経て、前橋システムコンサルティング株式会社を設立。
大型汎用機による基幹系システムから、PCサーバによるクライアントサーバシステムまで、幅広いシステム経験とそれらの経験を活かしながら、現場に密着したコンサルティング活動を展開。
専門 IT投資マネジメントに関するコンサルティング業務、情報セキュリティマネジメントに関するコンサルティング業務、システム監査業務、情報セキュリティ監査業務
大浦 勇三  「ITのためのプロマネ基礎」  第6回担当
大浦 勇三 氏
所属 大浦総合研究所代表。(兼「LLPモバイル」有限責任事業組合代表)
経歴 早稲田大学卒業、筑波大学大学院修了。Ph.D.筑波大学大学院講師及び城西国際大学客員教授などを歴任。大浦総合研究所を創設する以前は、米大手コンサルティング会社アーサー・D・リトル主席コンサルタント。
専門 経営改革/企業再生、経営戦略及び情報通信技術(ICT)戦略策定、業務改革/組織改革、研究開発/商品開発マネジメント、マーケティングマネジメント、ナレッジマネジメント、イノベーションマネジメント、顧客リレーションシップマネジメント、サプライチェーンマネジメント、人材育成マネジメント、コーチング&メンタリング、プロジェクト&プログラムマネジメント、ベンチャービジネス支援等のコンサルティング
著書 『イノベーション・ノート』、『ITプロジェクトマネジャーのためのコーチング入門』、『図解日本版LLP/LLCまるわかり』、『IT技術者キャリアアップのためのメンタリング技法』、『よいコンサルタントの見分け方、かかり方』、『現場主導型の組織運営とスピード戦略』、『図解ナレッジ・マネジメントが見る見るわかる』 、『ナレッジ・カンパニー 』 、『ナレッジ・マネジメント革命』 、『図解グローバル・スタンダード革命』 、『業務改革成功への情報技術活用』
Copyright (C) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.