関東NUAトップ > 会合 平成20年度 > 先進事例紹介します!〜企業競争力強化への効果と課題〜
会合 平成20年度

−第3回ITソリューションセミナー−

先進事例紹介します!

〜企業競争力強化への効果と課題〜
開催日時 平成20年8月28日(木)13:30〜17:15
会場 NEC本社ビル B1F 多目的ホール
定員 100名 *先着順にお申し込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料 *関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います。)
申込締切 8/26(火)
概要
講演1(13:30〜14:20)
テーマ 「住友商事株式会社の生産性向上への取組み〜大規模IP電話システム〜」
講師 住友商事株式会社 IT企画推進部 副部長 片山 彰男 氏
<講演概要>
コミュニケーション手段を変革することでどれだけ生産性が向上するのか?住友商事株式会社では業務効率化・生産性向上を目的に、日本国内の拠点において約5,000台の電話機をIP電話機に置き換える大規模IP電話システムを構築しました。生産性向上に加え、より柔軟な運用にも配慮したIPネットワークシステム導入の狙いと効果、そして今後の方向性について課題を交えてご紹介します。
講演2(14:30〜15:20)
テーマ 「中日新聞社のIT統制強化に向けたアプローチ
〜ICカードから始める統合IDシステムの実践事例〜」
講師 株式会社 中日新聞社 システム企画室 システム委員 久保 護 氏
<講演概要>
IT部門にとってセキュリティ強化や内部統制対策が重要視される中、ユーザ部門からはITシステムの利便性向上への要望が高まっています。この相反する2つの課題の解決策として、中日新聞社ではICカードを一つのアイデンティティとして、カードのライフサイクルに求められる各種機能を統合した基盤システムを導入しました。IT統制強化に向けた一つの有効なアプローチとして、課題や進め方などに触れながらご紹介します。
講演3(15:30〜16:20)
テーマ 「ワークスタイル革新の実践事例
〜技術スタッフ部門で知的生産性大幅向上に成功!〜」
講師 NEC システム技術統括本部 本部長 辻 孝夫 氏
<講演概要>
営業・開発・スタッフ、求められるワークスタイルは各部門によって大きく異なります。今回、ワークスタイルを革新したNECのシステム技術統括本部は、複数の大型システム開発案件のプロジェクトマネジメントを行う技術スタッフ部門であり、技術と知識を活用して事業貢献する知的生産性の向上が求められていました。その目的をいかにして達成するかを実際の所属メンバーによって検討し、実践したワークスタイル革新の実態について、システム技術統括本部長が課題を交えてご紹介します。
講演4(16:30〜17:15)
テーマ 「環境対応と企業力アップを実現するユニファイドコミュニケーション」
講師 NEC 執行役員エンタープライズソリューション事業本部長 都筑 一雄 氏
<講演概要>
低炭素社会の実現に向け、オフィス・現場でのCO2削減も待ったなしの状況になってきました。最近注目されているユニファイドコミュニケーションをうまく利用することで、人の移動や紙の利用を削減する環境対応型のワークプレースを実現できます。ワークスタイルの変革を促進するUNIVERGEソリューションを活用したCO2削減の取り組みについてご紹介します。
企画担当委員
後木 雅博  (NTTコムウェア株式会社)
丸本 幸宏  (株式会社大林組)
安澤 紳太郎(株式会社コスモプラニング)
佐竹 一雄 (住友商事株式会社)
東   吉郎 (財団法人日本情報処理開発協会)
田村 喜望 (日本大学生産工学部)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop