関東NUAトップ > 会合 平成20年度 > 「中国最前線」〜北京五輪でどう変わる〜
会合 平成20年度

−第1回講演会−

「中国最前線」

〜北京五輪でどう変わる〜
開催日時 平成20年7月29日(火) 16:00〜17:30
会場 NEC本社ビル B1F 多目的ホール
定員 200名 *先着順定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料  *関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います。)
申込締切 7/25(金)迄
概要
【講演---16:00〜17:30】
テーマ 「中国最前線」〜北京五輪でどう変わる〜
講師 作家・ジャーナリスト  莫 邦富(モー・バンフ)氏
莫 邦富氏の写真
≪講演概要≫
胡錦濤国家主席の訪日、四川大地震、そして間近に控える北京五輪の開 催と、何かと注目の中国。
政治・経済から文化に至るまで、幅広い分野で 発言を続ける知日派ジャーナリストとして活躍中の莫邦富氏が、最新情報をもとに中国の今そして、オリンピック後の変化について解説します。

≪講師プロフィール≫
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。
日本にて修士、博士課程を修了。知日派ジャーナリストとして、政治経済から社会文化に いたる幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。

『蛇頭』、『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業が なぜ中国に敗れるのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』などがある。
最新刊は『中国は敵か、味方か―21世紀最大の市場と日系企業』(角川oneテーマ21)、『中国を読む「新語」』(NHK出版)。現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。
2007年11月より、レギュラー出演番組「莫邦富のほっとBiz中国」が東京MXテレビでスタート。

博報堂スーパバイザー。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。三菱UFJ信託銀行業務顧問。ニューコン株式会社(IT企業)社外取締役。
山梨県観光懇話会委員。中国江蘇省鎮江市経済顧問。山東省青島市保税区開発区顧問。

【現在の連載】
  • 朝日新聞土曜版be「mo@china」
  • 雑誌プレジデント ブックレビュー「本の時間」
  • nikkeibp.jp(日経BP社の情報サイト)「莫邦富の中国ビジネス指南」
  • NHKテレビ中国語会話テキスト「新・中国事典」
  • 週刊ウェブマガジンWEBベンチャーリンク 「莫邦富的視点〜21世紀の大国・中国を見つめ」
企画担当委員 栗林 隆(キヤノンITソリューションズ株式会社)
豊田 丈輔(住友林業株式会社)
下田 完司(ブリヂストンソフトウェア株式会社)
井上 宗武(株式会社 三井住友銀行) 
お問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop