関東NUAトップ > 会合 平成19年度 > いまIT部門が最低限知っておくべき法律知識(2)
会合 平成19年度

−第8回ITソリューションセミナー−

いまIT部門が最低限知っておくべき法律知識(2)

開催日時 平成19年12月17日(月)14:00〜17:00
会場 住友芝公園ビル 7F ユーザーサロンA
定員 100名 *先着順にお申し込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
*定員に達しましたので申込みを締切りました。多数のお申込みありがとうございました。
参加費 無料 *関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います。)
申込締切 12/14(金)
概要
講演(14:00〜17:00)
テーマ 「いまIT部門が最低限知っておくべき法律知識」
委託契約に対する解釈のギャップが原因で開発が難航、要件定義のために開示した業務ノウハウが流出、運用のための契約内容が曖昧で期待した運用ができない・・・。こうしたトラブルを避けるためには、法律とIT両方の知識が必要です。
 本講演では、IT部門にとって関心の高い「開発委託に関わる法律」を中心に、情報セキュリティやインターネットと法制度の関係等を交え、内部統制やネット上の法律問題の第一人者である牧野二郎氏に解説いただきます。

*本講演は平成19年6月に開催し、ご好評をいただいた「IT部門が知っておくべき法律知識」の第2回として開催いたします。アンケートで関心の高かったテーマを中心に、前回の内容も含め、より詳細に解説いたしますので、初参加の方も安心してご聴講いただけます。
講師紹介
牧野総合法律事務所 弁護士 牧野 二郎 氏
牧野 二郎 氏 1953年生まれ。中央大学法学部卒業。1995年にインターネットに出会い、翌年、ホームページ「Internet Lawyer 法律相談室」を開設して話題になる。現在は、インターネット上でのビジネスを開花させるためのインフラ(基盤構築)の必要性を痛感、法的側面からのセキュリティ対策サービス、さらには電子署名制度による安全な取引を実現するためのリーガルサービスの提供へと特化、専門化している。 制度整備を通して、情報社会のあり方、自己実現の方法など、積極的なかかわりを提言。個人情報保護に精通し、内部統制やネット上の法律問題の第一人者として、活動している。

<著書>
「やりすぎが会社を滅ぼす! 間違いだらけの個人情報保護」(インプレス)
「実践的コンプライアンス・プログラムの作成と運用」(毎日コミュニケーションズ)
「企業情報犯罪対策入門」(インプレス)
「インターネットで法律相談ができる本」(中経出版)
「市民力としてのインターネット」(岩波書店) その他多数。
企画担当委員
後木  雅博(NTTコムウェア株式会社)
丸本  幸宏(株式会社大林組)
安澤 紳太郎(株式会社コスモプラニング) 
佐竹  一雄(住友商事株式会社)
斎藤 嘉彦(株式会社日本航空インターナショナル)
東   吉郎(財団法人日本情報処理開発協会)
田村 喜望(日本大学生産工学部)
尾澤  勉(日本放送協会)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop