関東NUAトップ > 会合 平成19年度 > 「Webシステム最新技術動向」教育受講者募集
会合 平成19年度

−第3回IT教育コース−

「Webシステム最新技術動向」教育受講者募集

開催日時 平成19年7月11日(水) 9:30〜16:30
会場 住友芝公園ビル 7F ユーザーサロンA
(東京都港区芝2−7−17)
定員 30名 *先着順定員になり次第締切とさせて頂きます。
最少実施人員 8名
受講料 18,900円/人(消費税込み)
・受講料振込先、詳細事項は別途通知ご連絡させていただきます。
申込締切 平成19年 6月27日(水)
  • お申込締切り後の6月27日(水)頃詳細案内を送付申し上げます 。
  • 定員オーバーのためご受講出来ない方、最少実施人員に達しない場合、事前に事務局からご連絡申し上げますのでご了承ください。 (6/27日頃)
対象者 【NUA会員限定】 NUA会員向けの特別お得な教育コース
前提知識 受講に当っての前提知識は特に問いません。
目的 インターネット、イントラネットをトをインフラとするシステムにおいて、Webは中心的な役割を占める要素技術です。 本コースでは、Webを活用したマーケティング手法、セマンティックウェブ、ウェブログなど、Webシステムに関わる技術動向を広く解説します。
講師 NECラーニング株式会社 IT・NW研修本部 講師
概要
Webシステム最新技術動向教育内容
1日目AM 1.Webをビジネスに活用する
Webを利用したマーケティング技術の概要を学習します。
【学習項目】
Webサイト価値、Webマーケティングの必要性、アクセスログの解析
Webビーコン(閲覧者の追跡技術)、Webアンケート、インターネット広告
検索エンジン最適化(SEO)、Webドメインマーケティング
2.コンテンツ制作には
Webで扱うことのできるコンテンツの種類やコンテンツ制作に関連する技術の概要を学習します。
【学習項目】
HTML以外のコンテンツ記述言語、国際語化とローカライゼーション、Unicode
Webアクセシビリティ、セマンティックウェブ(ウェブページに意味をもたせる)、URI
RDF、RSS(ウェブサイトの要約)、コンテンツの権利、使用許諾契約
WebDAV(HTTPプロトコルの拡張)、CMS(コンテンツの管理システム)
1日目PM 3.コンテンツを届けるために
ユーザに、コンテンツを提供するためのインフラを構成する技術の概要を学習します。
【学習項目】
Webアクセラレータ(Webの高速化)、キャッシュアレイ(キャッシュサーバの仮想化)
Coral(コンテンツ配信サーバ)、iCAP(HTTPプロトコルの拡張)
NTP(サーバの時刻の同期化)、シングルサインオン、Webコンテンツフィルタリング
4.便利なアプリケーション
Webのユーザインタフェースであるブラウザの動向を学習します。
【学習項目】
次世代ブラウザ、タグブラウザ、IEのTips、ウェブログ(掲示板サイト)
リッチクライアント、Skype(IP電話ソフト)

*時間配分や、解説順などは変更する可能性があります。

企画担当委員 安澤紳太郎(株式会社コスモプラニング)/丸本幸宏(株式会社大林組)
幹事 子安正美(日本システムウエア株式会社)
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop