関東NUAトップ > 会合 平成18年度 > 神奈川部会第4回定例会
会合 平成18年度

神奈川部会第4回定例会
 〜SOX法対応のシステム監査のポイントとIT部門の役割 〜
開催日時 2007年3月9日(金) 13:30〜17:00 (受付開始 13:00〜)
会場 NEC神奈川支社
住所:横浜市西区みなとみらい2−3−5 クイーンズタワーC 7F
TEL:045−682−4511
定員 30名
(定員になり次第締め切らせて頂きます。また、駐車場はご用意しておりませんので、予めご了承願います。)
定員に達しましたので申込みを締切りました。多数のお申込みありがとうございました。
参加費 無料 (非会員 2,000円)
申込締切 2007年3月7日(水)
スケジュール
【13:30〜14:50】
テーマ
『SOX法対応のシステム監査のポイントとIT部門の役割 』
講師
NEC マネージドサービス事業部
コンサルティンググループ グループマネージャー
清水 美欧 氏【公認情報システム監査人(CISA)、公認内部監査人(CIA)】
日本版SOX法の施行に伴い、多くの企業様では、準備を進められている事と思います。特に 「ITへの対応」が明記された事により、ITが急速に進展しビジネスプロセスが更に多様化・複雑化する中、ITご担当者様の工数と責任は大きくなっております。
(米国でも、他の統制に比べ『ITの統制に「重要な是正」を要した』が76%の回答で最も多かったとの調査結果もございます。【Ernst & Young 社調べ】)

そのような中、これから行われる「内部監査」や「監査法人との調整」、「本番前の最終確認」等本番を見据えたプロセスにおいて、「どこが監査のポイントになるのか」「外部監査でどこが指摘されるのか」等、今後の進め方について具体的な質問を多く伺うようになりました。

そこで本講演では、上記ご質問内容を踏まえ、今後IT部門が対応すべき事項・対策方法について監査をする側、される側それぞれの立場から、分かり易くご説明させて頂きます。
【15:00〜15:50】
テーマ
『内部統制ソリューションのご紹介 』
講師 NEC ITプラットフォーム事業部
NECは、自ら米国SOX法対応ノウハウを活かし、お客様の状況に応じた内部統制/SOX法対応をご支援、更に、お客様の企業価値の向上までをご支援させて頂いております。
今回は構築〜本番運用フェーズで活用頂ける、内部統制構築支援ソフトウェア「StarOffice21/AuditManager」をご紹介させて頂きます。

★内部統制構築支援ソフトウェア 「StarOffice21/AuditManager」の特長
文書化ツール(iGrafx FlowCharter2006 SOX+)と文書管理・統制評価管理ツールのシームレスな連携により内部統制の構築〜運用の全フェーズを効率的に支援します。
【意見交換会---16:00〜17:00】
皆様が現在抱えている悩みや疑問点をグループに分かれて意見交換して頂きます。各グループにはアドバイザーを配しますので、より深い理解が得られると思います。
《過去の参加者のご意見》
  • 参加者の方々が抱えている課題についての意見交換は非常に参考になった。
  • 異業種の方の意見も聞けて、大変参考になった。
問い合わせ先 関東NUA神奈川部会 事務局 松本浩
TEL:045−682−4511 (土日祝日を除く 9:00〜17:00)
pagetop