関東NUAトップ > 会合 平成18年度 > 「ACOS-4連携Webアプリケーション開発の実機体験」
会合 平成18年度

−第5回システム製品技術セミナー(ACOS-4)−

「ACOS-4連携Webアプリケーション開発の実機体験」

開催日時 平成19年2月23日(金)14:00〜17:00
会場 NEC春日ビル 1F Platform Innovation Center
定員 20名
*先着順定員になり次第締切させて頂きます。
なお、定員オーバーのためご参加出来ない方には、
予め事務局からご連絡申し上げますのでご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
対象者
  • ACOS業務をWeb化したいが、実現方法にお悩みの方
  • ACOS業務のWeb化にご興味のある方、Web化の手順を体験してみたい方
参加費 無 料(非会員2,000円/1人)
申込締切 2月19日(月)
概要
【講演&実機体験---14:00〜17:00】 *途中休憩あり
テーマ
「WebOTX Gateway BuilderによるACOS-4連携Webアプリケーション開発体験」
講師
NEC 第一コンピュータソフトウェア事業部
主任 鈴木 良尚 氏
<概要>
本講演では、ACOS-4オンライン業務と連携するWebアプリケーションを自動生成する「WebOTX Gateway Builder」を使用し、簡単にACOS-4業務をWeb化する手法をご紹介します。
画面定義ファイル(MFDLソース)を入力としたWebアプリケーションの自動生成から、Webアプリケーションサーバへの配備、アプリケーションのカスタマイズまで、ACOS-4業務をWeb化するために必要となる作業を一通り体験していただきます。
PCを使った実習形式で実施しますので、具体的なイメージがつかみやすく、これまでWebアプリケーションの開発経験のなかった方や、WebOTX Gateway Builderをご存じない方でも、ACOS-4業務のWeb化を容易に習得できます。    
(関連URL) http://www.nec.co.jp/WebOTX/
  http://www.nec.co.jp/WebOTX/function/devtool.html

<内容>
以下の講演と構築体験を予定しております(一部変更の可能性もあります)。
  • WebOTX Gateway Builderのご紹介
      - WebOTX Gateway Builderを使ったWebアプリケーション開発の考え方
  • Webアプリケーションとは?
      - JSP/サーブレットを使った簡単なWebアプリケーションの説明
  • ACOS連携 Webアプリケーションの開発
      - MFDLソースを入力としたWebアプリケーションの自動生成
      - プルダウン化、複数画面の結合などの画面カスタマイズ
ご質問・ご要望 日頃よりACOS-4システム製品を運用している中で、ご質問・悩みなどがありましたら参加申込フォームのご連絡事項欄へご自由に記入ください。
*ご質問の締切は2月19日(月)迄とさせていただきます。
担当委員 長江 高明(日清紡績株式会社)
お問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop