関東NUAトップ > 会合 平成18年度 > IT投資マネジメントの最適化
会合 平成18年度

−第4回ソリューションセミナー−

IT投資マネジメントの最適化

〜企業力を高めるIT投資対効果〜
開催日時 平成18年12月21日(木)14:00〜17:00
会場 東京グランドホテル 桜の間
定員 100名 *先着順にお申し込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無 料 *関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います。)
申込締切 12月19日(火)
概要
【講演I---14:00〜15:00】
テーマ
「IT投資マネジメントの新しいありかた」
講師
武蔵大学経済学部 教授 松島 桂樹 氏
この10年でITをめぐる環境は大きく変わり、それに伴いIT投資評価のありかたも大きく変化しています。
IT投資の規模が拡大している現在、IT投資評価の重要性はますます増大してきました。これら投資資源(PCなどのハードウェアの他、人材等も資源)をいかにして有効活用、効果的に管理するかどうかが、他社との競争優位性を高める重要なポイントとなってきました。
本講演では、ITの役割とIT投資を管理する仕組みや環境を分かりやすく説明し、企業経営と業務改善を支援するIT投資マネジメントのありかたについて解説します。
【講演II---15:15〜16:15】
テーマ
「IT投資評価フレームワークの構築
〜経営者、ビジネス部門との議論上の土俵作り〜 」
講師
住友林業株式会社 執行役員
情報システム部長 豊田 丈輔 氏
住友林業では、経営者,ビジネス部門,IT部門が共通の認識の上でITの活用について議論するために、ITコストの可視化や独自のIT投資評価フレームワークを構築し活用しています。
本講演では、住友林業のフレームワークの概要とITコストの可視化へ向けた取り組み、そしてビジネス部門との連携のあり方について紹介します。
【講演III---16:30〜17:00】
テーマ
「NECにおけるIT投資マネジメントの現在と将来」
講師
NEC IT戦略部
マネージャー 久保 成儀  氏
NECでは、コーポレートとビジネスユニットで役割分担を行い、それぞれIT推進を行っています。このようなITガバナンス体制の中で、最適なIT投資マネジメントを実現するための「目指している姿」と「現在の取り組み」について実例を織り交ぜて紹介します。
担当委員 丸本 幸宏(株式会社大林組)
佐竹 一雄(住友商事株式会社)
山口 浩二(住友セメントシステム開発株式会社)
高木 哲郎(三井住友海上システムズ株式会社)
お問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop