関東NUAトップ > 会合 平成18年度 > i-PX9000、ACOS-4/VX最新情報と導入事例&SOAに基づいた既存資産の効率的な利活用とは!
会合 平成18年度

−第3回システム製品技術セミナー(ACOS-4)−

「i-PX9000、ACOS-4/VXの最新情報と導入事例ご紹介」
「SOAに基づいた既存資産の効率的な利活用とは!」

開催日時 平成18年11月22日(水)14:00〜17:00
会場 住友芝公園ビル 7F ユーザーサロンC
定員 50名
参加費 無 料 (非会員2,000円/1人)
申込締切 11/20(月)
概要
【講演&デモI---14:00〜15:20】
テーマ
「i−PX9000、ACOS−4/VXの最新情報と導入事例のご紹介」
講師
NEC ITプラットフォーム販売推進本部
マネージャー  廣瀬 好夫氏
i−PX9000および周辺装置の製品強化計画とACOS−4/VXの新規機能をオープン連携機能の活用デモを交えてご紹介いたします。
【講演&デモII---15:35〜16:55】
テーマ
「SOAに基づいた既存資産の効率的な利活用とは!」 
講師 NEC 第二システムソフトウェア事業部
主任  毛利 豊氏
昨今、SOAに基づいた情報システムの構築がたいへん注目を浴び、既存資産の利活用が重要なポイントとなっています。
本セミナーでは、NECが考えるSOAと、そのSOAに基づいた既存資産活用をACOS-4のオープン連携製品で実現する活用デモを交えてご紹介します。
ご質問・ご要望 日頃よりACOS-4システム製品を運用している中で、ご質問・悩みなどがありましたら参加申込フォームのご連絡事項欄へご自由に記入ください。
*ご質問の締切は11/10日(金)迄とさせていただきます。
担当委員 長江高明(日清紡績(株))
お問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop