関東NUAトップ > 会合 平成18年度 >「グローバル社会のダイナミズム」&「ジャック・ウェルチにNOを突きつけた現場主義の経営」
会合 平成18年度

−第3回講演会−

「グローバル社会のダイナミズム」〜激変する市場と日本企業の課題〜
「ジャック・ウェルチにNOを突きつけた現場主義の経営」

開催日時 平成18年11月15日(水) 14:00〜17:00
会場 東京グランドホテル 3F 桜の間
定員 150名
*先着順定員になり次第締切とさせて頂きます。
申込締切 11/13(月)迄
参加費 無料(非会員2,000円/1人)
概要
講演T(14:00〜15:30)
テーマ 「グローバル社会のダイナミズム」
〜激変する市場と日本企業の課題〜
講師 三井リース事業(株)エグゼクティブアドバイザー 海東 泰氏
≪講演概要≫
加速するグローバリゼーションは、世界各地の様相をダイナミックに変えている。
8年前までエジプトの小さな土建会社であったORASCOM社は、今や携帯電話事業会社としてイタリアを含む地中海から中近東、西アジアをカバーし、昨年末にはハチソン(香港の携帯電話事業会社)の株を所有するに至った。
加入者総数は、5千万人を超す勢いでNTTドコモに肉薄しつつある。目指すは世界No.1。
激変するグローバル市場とこれからの日本企業の課題を展望する。
≪講師プロフィール≫
昭和40年大阪外国語大学アラビア語学科卒業。
日本電気(株)入社取締役,執行役員常務を歴任し、平成17年日本電気(株)退社。同年三井リース事業(株)エグゼクティブアドバイザー就任。
日本電気(株)勤務の40年間は一貫して海外事業に携わり60カ国においてビジネスを展開。
この5年間グローバル社会をテーマに93回、約7,000名の方に講演。
平成18年7月(財)中東協力センター評議員に就任。
講演II(15:45〜17:00)
テーマ 「ジャック・ウェルチにNOを突きつけた現場主義の経営」
講師 (株)エルプ代表取締役社長 千葉 三樹氏
(元米国ゼネラル・エレクトリック社(GE)副社長)
≪講演プロフィール≫
1968年専修大学大学院経営学部修士過程を卒業後、米国ゼネラル・エレクトリック社(GE)に入社。1985年、家庭用電子部門の副社長に抜擢される。日本人として初のGE副社長となるも、ジャック・ウェルチ氏(当時、GEの会長兼CEO)とビジネスの方針をめぐって対立し、最後は、「大馬鹿者!」「シャラーップ!」とやり合い1986年GEを退社する。
日本に戻り、(株)エルプを設立。8億円の自己資産を投資し、「針の使わないレコードプレーヤー」の開発に成功。現在は、完全ハンドメイドの針を使わないレコードプレイヤーである「レーザーターンテーブル」の開発・生産・販売を行うベンチャー企業の経営者…。
そんな破天荒なビジネス人生を歩んできた千葉氏が、豊富なエピソードで語る、仕事、ビジネス、経営、そして人材を見抜く方法。今の日本に必要なのは、「現場主義の経営」と「ものづくり」、そして「失敗した人にもう一度チャンスを与えられる社会づくり」である。
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop