関東NUAトップ > 会合 平成18年度 > 日本版SOX法対応の進め方
会合 平成18年度

−第3回ソリューションセミナー−

日本版SOX法対応の進め方

〜今、担当部門がすべき業務は何か!?〜
定員に達しましたので申込みを締切りました。多数のお申込みありがとうございました。
開催日時 平成18年10月23日(月)15:00〜17:15
会場 住友芝公園ビル 7FユーザーサロンC
定員 100名
*先着順にお申し込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
受講料 無料
*関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います)
申込締切 10月19日(木)
概要
講演I(15:00〜16:00)
テーマ
「事例から見た内部統制強化の進め方」
講師 NEC  コンサルティング事業部 マネージャー 宇野 東平 氏
昨今、産業界の関心を一挙に集めている「日本版SOX法対応」において、実施基準が公開されていな いなか、実際に何をどの様に進めて準備すれば良いかまだ決めかねている企業様も多いのではないでしょうか。
本講演では、先駆けて準備されているお客様の事例を交えながら、内部統制対応で行うことやポイントをご説明し、法対応するだけではなく本質的な業務改革への取組方法をご紹介致します。
講演II(16:15〜17:15)
テーマ
「NECにおける内部統制強化への取り組み〜IT統制を中心に〜」
講師 NEC IT戦略部 シニアマネージャー 柳田 恵敦(つとむ) 氏
日本における米国証券取引所上場企業約31社の1社でNASDAQ上場企業であるNECは、2006年7月以降の決算年度から米国SOX法第404条「経営者による内部統制の評価」の適用を受けます。NECではその適用に向けて社内で内部統制構築を実施しており、今回IT統制を実際に担当した実務者より経験談を交えて事例を紹介します。
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop