関東NUAトップ > 会合 平成18年度 > 「お好み焼き日本一の感動経営」&「東洋史観から見た日本の行方」
会合 平成18年度

−第1回講演会−

「お好み焼き日本一の感動経営」 〜情熱と感動が生んだ年商56億円〜
「東洋史観から見た日本の行方」 〜歴史に学び歴史を辿り先人の智恵、工夫を学び取る〜

開催日時 平成18年8月3日(木) 14:00〜17:00
会場 NEC本社ビル B1F 多目的ホール
定員 150名 *先着順にお申し込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無 料 *関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います。)
申込締切 7月31日(月)
概要
【講演I---14:00〜15:30】
テーマ
「お好み焼き日本一の感動経営」
〜情熱と感動が生んだ年商56億円〜
講師
千房株式会社代表取締役  中井 政嗣  氏
写真 ≪講師プロフィール≫
1945年奈良県生まれ。61年奈良県立當麻町白鳥中学を卒業。卒業と同時に乾物屋に丁稚奉公。
73年に大阪ミナミ千日前にお好み焼専門店「千房」を開店。いまや全国にお好み焼きチェーン店を展開するナニワの名物社長。大阪の味を、独特の感性で国内はもちろん海外にも広めている。
現在、社会問題化している青少年の教育に対し、経験をふまえた独特の持論が、社会教育家としても注目を集め、全国各地の教育委員会・PTA・経営者団体・企業での講演は多くの人々に感動を呼び起こしている。道頓堀商店会会長。
≪受賞歴・著書≫
1990年 アントレブレナー大賞 最優秀賞
2002年 農林水産大臣賞、大阪府産業功労賞
■主な著書
『無印人間でも社長になれた』(ぱるす出版)『できるやんか!』(潮出版社)がある。
◇千房株式会社HP http://www.chibo.com/index.php
【講演U---15:45〜17:00】
テーマ
「東洋史観から見た日本の行方」
〜歴史に学び歴史を辿り先人の智恵、工夫を学び取る〜
講師
青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科
非常勤講師 鴇田(ときた) 正春 氏
≪講演概要≫
東洋の古典ではリーダーの条件として、1 智、2 仁、3 勇、の3つの要素をあげている。智とは天下の情勢を計ることで、先を読む先見力と誤りのない対応力のことである。智は厳しい現実を生き残っていく上で最も大事な条件である。仁とは相手の気持ちや立場を考えることで思いやりや心の温かさである。仁が欠けているリーダーは部下と共に苦労に耐えることができない。勇とは決断する勇気である。
今回の講演では、リーダーにとって一番大事な智について、東洋史観からその思考方法を日本の歴史に当てはめながら、現在大きな変動期である日本のあるべき姿、方向性を改めて考えてみたい。
≪講師プロフィール≫
1961年、早稲田大学理工学部卒、同年日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。
94年に専務取締役スタッフ担当。97年3月役員定年により顧問。関東学園大学経済学部教授兼経営学科長(99年―03年)、法政大学大学院社会科学研究科客員教授(01年―03)就任。 03年より青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授。05年定年退職。現在に至る。 【外部活動】総務庁人事評価研究会委員他
お問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop