関東NUAトップ > 会合 平成18年度 > 企業に求められる情報セキュリティ
会合 平成18年度

−第1回ソリューションセミナー−

企業に求められる情報セキュリティ
〜セキュリティ対策は「企業の社会的責任(CSR)」に直結する〜

開催日時 平成18年6月27日(火)14:00〜16:45
会場 住友芝公園ビル 7F ユーザーサロンC
定員 100名 *先着順にお申し込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料 *関東NUA会員以外の方は参加費2,000円 (当日ご準備願います。)
申込締切 6月23日(金)
概要
【講演I---14:00〜15:15】
テーマ
「企業の社会的責任(CSR)を担う情報セキュリティ
 〜Winny暴露ウィルス対策の取り組み〜」
講師
NEC CSR推進本部 企業行動推進部 顧客情報セキュリティ室長
久野 秀策 氏
昨今、企業の社会的責任(CSR)が重視される中、新たに「Winny」と呼ばれるソフトの情報流出が続出して、世間を騒がし社会問題となっています。ITが社会インフラの一つになっている現在、漏えい・流出事故の被害は、社会的な信用失墜、取引先の信頼関係の損失など、企業に計り知れない影響を与えます。では、どのような対策を行えばよいのでしょうか?本講演ではWinnyの実態や流出に対する防衛策を紹介します。そしてNECの情報漏えい対策、管理施策など、個人情報を管理する人間の取り組みとともに、実際に情報漏えい事故が起こった場合の対応などをNECの実例を交えて紹介します。
【講演II---15:30〜16:45】
テーマ
「NECの情報セキュリティ対策 〜ITに何をさせるか〜」
講師
NEC ニューソリューション開発本部 セキュリティソリューション部長
伊藤 愼 氏
2005年「個人情報保護法」の完全施行や各種業界ガイドラインなどの策定に伴い、情報セキュリティ対策は今、情報システム部門主導の問題から、企業のコンプライアンスにかかわる問題やCSR、経営トップの責任として注目を集めています。そうした中で、NECでは、さまざまなセキュリティ脅威から大切な経営資源を守るため、「部分最適」から、「全体最適」による情報セキュリティの有機的な連携や、人や物、システムを数値化して、わかり易い情報セキュリティへと可視化を目指しています。本講演では、NECの情報セキュリティ対策について、特にITを使った対策の考え方を中心に紹介します。
お問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
pagetop