情報システムをとり巻く環境は変化し、オープン化という流行の中で、従来の基幹業務システムの中心的な役割を担ってきたメインフレームの膨大な資産の有効活用は経営課題の一つと言えます。
iシンポジウムでは、ACOS資産、A-VX資産の有効活用について、また、将来の方向性を確認する場として開催いたしますので、ご多用の折りとは存じますが、多くの方々にご参加賜りたくご案内申し上げます。

関東NEC C&Cシステムユーザー会
委員長 森元 淳平
(株式会社大林組)
長江高明 (株式会社日清紡システムインテグレート)
松原喜裕 (稲垣商事株式会社)
増田修一 (ミヨシ油脂株式会社)
後藤明男 (株式会社文明堂新宿店)
吉田洋一 (住商メタレックス株式会社)
下島公明 (株式会社シモジマ)
Copyright(C) NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.