TOP ご挨拶 プログラム プログラム詳細 お申込み お問合せ
事業システム変革実践コース
プログラム詳細
  各セッション内容と講師のご紹介

事業コンセプト
/事業システム
【メイン指導講師(事業システム変革プラン作成)】




早稲田大学商学部
助教授 兼 IT戦略研究所副所長 井上 達彦 氏

ねらい
事業を変革するために必要な戦略的な発想やビジネスモデル構築の考え方を学ぶ。
また、IT活用が事業の競争優位に与える影響を理解したうえで、ITを経営に活かせる事業戦略立案のポイントを理解する。

項 目
・事業コンセプト
・事業価値分析
・事業システムの差別化と分析

講師略歴
1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了(経営学博士)、広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教授などを経て現職。1998年慶応大学総合政策学部兼任講師(経営情報システム論担当)、2000年神戸大学経営学部兼任講師(組織と情報)。
<社会的活動>
(財)社会経済生産性本部「経営アカデミー」(経営大学院)グループ研究指導講師(1998-2000,2003)。(社)生命保険協会情報化研究委員会研究員(1998-99)関西経済連合ITビジネス研究会副主任(2000-01)、電機連合デジタル化経済研究会研究員
(2002-03) 専攻は、経営組織論、経営戦略論、経営情報論。
<主要著書>
『情報技術と事業システムの進化』白桃書房、1998年。『事業システムの戦略』(共著)有斐閣、2005年(印刷中)など。
<主要論文>
「事業システムの連動能力」『日本経営学会誌』、2000年。「情報化と企業間取引モードの変化」『経営情報学会誌』、2002年(2003年度経営情報学会「論文賞」受賞)。 「EDIインターフェイスと企業間取引形態の相互依存性」『組織科学』、2003年など。
ITとマーケティング 【サブ指導講師(事業システム変革プラン作成)】




明治学院大学経営学部
助教授 森田 正隆 氏

ねらい
マーケティング分析の基本的な考え方や、マーケティングにおけるIT活用のポイントについて、事例分析を通して学ぶ。

項 目
・マーケティング分析の基礎
・マーケティングにおけるITの活用

講師略歴
1987年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。メーカー勤務を経て、98年慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了、 2001年同博士課程単位取得終了。2004年2月、博士(経営学)。2001年4月立正大学経営学部専任講師。2005年4月より現職。 専攻は経営情報システム、マーケティング情報システム、コミュニケーション。情報化時代の購買行動とそれに対応した流通システムについての事例分析や国際比較調査、ネット・コミュニティの分析、デジタル・メディアを活用したコミュニケーション戦略などについての調査研究を進めている。2001年総務省「情報通信経済研究会」構成員、2004年経済産業省「CIOの機能と実践に関するベストプラクティス懇談会」委員、 2005年経済産業省「ビジネス支援サービス活性化研究会」委員。
<主要業績>
「製品関与が高い市場での相互作用1:パナソニック・レッツノート」「独自規格普及のためのコミュニティ:シャープ・ザウルス」 「コミュニティ拡大戦略:アットコスメ」「社会問題コミュニティの威力:エコロなココロ」池尾恭一編著『ネット・コミュニティのマーケティング戦略』 有斐閣 2003.8 "Alienation in the Internet Society : Changes in Car Buyer Attitudes in the Japanese Automobile Industry"
International Journal of Automobile Technolgy and Managemet,Vol2,No.2 2002.3, with Kiyohiko Nishimura.
実務家講演1
(ゲストスピーカー)
12月13日(火)




マネックス・ビーンズ証券株式会社
代表取締役社長CEO 松本 大 氏

第一線のビジネスリーダーとして活躍されている実務家の方をゲストスピーカーとしてお招きし、その思考や行動を学びます。(全2回)

第1回目は斬新な発想で証券業界に新風を巻き起こし、2001年には米経済誌フォーチューンで「次代を担う世界の若手経営者25人」の1人に選ばれた、松本氏をお迎えします。

講師略歴
1963生まれ。大学卒業後、 ソロモン・ブラザース・アジア証券に入社。
米投資銀行のゴールドマン・サックス証券に移籍し、30歳で同社最年少ゼネラル・パートナー。
1999年、ソニーと共同出資でマネックスを設立、2000年8月東証マザーズ、2005年9月東証1部に上場。現職にいたる。
東京証券取引所、市場運営委員、自主規制委員などを歴任。

2月にも実務家講演2としてゲストスピーカーを招聘する予定です。
やわらか右脳
マーケティング道場

株式会社あそぶとまなぶ
代表取締役 くらた まなぶ 氏

ねらい
事業変革のアイデアや新製品・サービスを検討する際に、欠かすことのできない顧客の視点やニーズの的確な把握方法や製品・サービスコンセプトの検討方法を学ぶ。

項 目
・市場とマーケティング、ヒアリング
・ブレインストーミング、起業マニュアル

講師略歴
本名は倉田学。1952年生まれ。中央大学法学部卒。78年リクルート入社。以来、20年間に「とらばーゆ」「フロム・エー」「エイビー・ロード」「じゃらん」など6つの情報誌の創刊にたずさわり、開発マンとして、「ゼクシィ」「赤ちゃんのためにすぐ使う本」「ダ・ヴィンチ」「あるじゃん」など、8つの事業開発を手がける。社内外で「創刊男」の異名をとり、さまざまな新市場を創造した。新規事業開発室長、編集政策統括室長などを歴任。今日のリクルートを築き上げた中心人物の一人。98年早期定年退職。2000年にいがた産業創造機構「新規事業コーディネーター」就任。現在、株式会社あそぶとまなぶ代表取締役。著書に、『MBAコースでは教えない「創刊男」の仕事術』(日本経済新聞社,2003年)、『カラダ発想術』 (日本経済新聞社,2005年)がある。
コストマネジメント
/バランスト・スコアカード

神戸大学大学院経営学研究科
助教授 三矢 裕 氏

ねらい
事業変革のアイデアを現実的なものとするために、コストや内部プロセス等のマネジメントコントロールシステムを適切に設計できるための方法を学ぶ。

項 目
・財務の視点を組み込んだ戦略立案
・ビジネスプランにおけるコスト管理
・バランスト・スコアカードを活用した統合的マネジメント

講師略歴
1990年神戸大学経営学部卒業。1990年川崎製鉄株式会社入社。93年退社、神戸大学大学院経営学研究科、博士課程前期修了。
1997年学習院大学経済学部専任講師、 同大学、助教授。2001年神戸大学大学院経営学研究科、博士課程後期修了。2003年から現職。
専門は、管理会計。著書に、『アメーバ経営論 ミニ・プロフィットセンターのメカニズムと導入』2003年東洋経済新報社。
『アメーバ経営が会社を変える やる気を引き出す小集団部門別採算制度』1999年ダイヤモンド社(加護野忠男、谷武幸と共著)がある。
プロデューサー型
リーダーシップ

青山学院大学経営学部
専任講師 山下 勝 氏

ねらい
変化を自ら起こし、事業を改革するリーダーに必要なリーダーシップの要素を理解する。

項 目
・変革リーダーシップとは
・プロデューサー型リーダーシップの事例研究(映画産業)

講師略歴
2001年神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程修了(博士(経営学)取得)。
同年神戸大学大学院経営学研究科専任講師(中核的研究機関研究員)。
2002年青山学院大学経営学部専任講師、2005年同大学助教授。専門は、経営組織論。
研究対象は、映画産業におけるプロデューサーのリーダーシップ行動等。
リーダーシップと
コミュニケーション

岸事務所
代表 岸 英光 氏

ねらい
変化を自ら起こし、事業を改革するリーダーに必要なメンタリティやコミュニケーションスキルを習得する。

項 目
・人と組織の思考を決定づけるもの(パラダイム、コミュニケーションの本質)
・責任とはなにか、責任をとらない仕組み、責任ある行動がとれるには
・人と組織に影響を与えるコミュニケーションスキル(コーチング)

講師略歴
1985年より1992年まで、帝人株式会社にてマーケティング企画・技術開発・営業・システムなどを手がけると同時に、最新のコミュニケーション学・心理学・各種能力開発トレーニングに参加。1992年に独立後1995年の岸事務所設立をはさみ、世界都市博覧会など様々なプロジェクトを手がけるとともに、コミュニケーションと能力開発に関するセミナー・全国各地での講演・研修・執筆活動等を展開。現在、岸事務所代表。コミュニケーションテクノロジー研究所チーフ・コーチングディレクターを務め、産業能率大学、日本能率協会、人材開発協会、NTTラーニングシステムズなどさまざまな団体の顧問、アドバイザリースタフ、講師、カウンセラー・トレーナコーチを務め、全国主要都市でコーチング講座を開いている。


 
 Copyright(c) 2005 NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.