関東NUA

新春を迎えてさらなる飛躍の年に!!
「セーラ・マリ・カミングス 女史講演」
&「2006年を最高の年にするための心理学」




開催日時 平成18年1月18日(水)14:00〜17:00
会場名 東京グランドホテル 3F 桜の間
定 員 150名 ※先着順にお申し込みを受付け、定員になり次第締切とさせて頂きます。
参加費 無料 ※関東NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います。)
申込締切 平成18年1月13日(金)
内容 【講演I ---14:00〜15:30】

テーマ
「率先垂範〜自ら波になる〜」
講師
株式会社桝一市村酒造場 
取締役 セーラ・マリ・カミングス 女史
<講師プロフィール>

セーラ・マリ・カミングス 女史日本文化の素晴らしさを外国人の視点でとらえ、伝統溢れる街づくりの再建に取り組む起業家。日本人が忘れかけていた日本の伝統文化の再生や地域づくりなど、頭で考えるだけでなく、行動してみること、そして粘り強く取り組むことの大切さを説く講演は、多くの人に元気を与えると好評。1968年米・ペンシルバニア州生まれ。91年関西外国語大学交換留学生として初来日。93年ペンシルバニア州立大学卒業後、長野五輪に憧れ再来日。(株)マルイチ産商中央研究所に就職。94年(株)小布施堂入社。96年利き酒師認定。97年(株)桝一市村酒造場の再構築に取り組む。98年長野冬季五輪の英国選手団アシスタント・オリンピック・アタッシュに任命され選手団の面倒を見、ホスピタリティープログラムを企画・運営。99年(株)桝一市村酒造場取締役に就任。「桶仕込み酒(白金)」を50年ぶりに木桶仕込みで復活させ売上を伸ばすなど、伝統的な酒造りの再構築に情熱を注ぐ。2001年自身のアイデアを構築するコンサルタント会社、04年には(株)文化事業部を設立、代表取締役に就任。活動は酒造りだけにとどまるのではなく「1530」(市ゴミゼロ:ゴミを拾うボランティア) や、地元で行われている「瓦」文化の復活など、街全体の文化づくり、地域づくりという視点で行われている。02年ウーマン・オブ・ザ・イヤー大賞(日経ウーマン誌)受賞。

【講演U---15:40〜17:00】

テーマ
「2006年を最高の年にするための心理学」
講師
個性心理學研究所 所長 弦本 將裕 氏
<講演概要>

新春を迎え、「今年こそは!」と気分も新たに好スタートを切りたいものです。
そこで、運気と人間関係にスポットを当てて2006年を最高の年にするための秘法とテクニックを個性心理學を活用して参加者全員に披露します。チャンスを最大限に生かせます!

<講師プロフィール>

1957年生まれ。81年学習院大学法学部卒業(社会心理学専攻)。81年明治生命保険相互会社入社。92年(株)「福 利厚生課」設立 代表取締役「課長」に就任。97年個性心理學研究所設立所長に就任。同年5月(株)ノア(現(株)アットマーク・ノア) 代表取締役社長に就任。2001年(株)キャラナビドットコム代表取締役社長に就任。現在、北海道から沖縄まで、全国各地を講演で飛び回っている。その合間に、テレビ゙出演や月刊誌・雑誌・週刊誌の連載をはじめ、連日執筆に追われており“不死身の弦本”の異名をとっている。最近では海外での活躍が目覚しい。現在、個性心理學研究所の認定講師・カウンセラーは450名に達し、各地で個性心理學の講座や勉強会が活発に行われている。
問合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
電話:(03)3798-8664 FAX:(03)3798-8715



TOPページへ会合一覧へ
Copyright(c) 2004 NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.