〜会合報告〜

女性セミナー(講演会)

日時: 2005年7月11日(月)13:20〜17:10
場所: NEC本社ビルB1F講堂
運営委員:
旭化成ホームズ(株) 小野真規子
グローリー商事(株) 池田 枝里
(株)フジクラ情報システム  鎌田 真実
三井住友海上システムズ(株) 志村 たかね
担当委員:
三井住友海上システムズ(株) 高木哲郎
日本放送協会  尾澤  勉
報告者:
三井住友海上システムズ(株) 高木哲郎

関東NUA「女性セミナー講演会&交流会」の開催報告をいたします。本講演会は、毎年この時期に、働く女性が生き生きと元気良く美しく活躍されることを目的に、テーマ・講師を選び開催しています。また、今回は会員相互の交流をより活発にするため、講演会終了後、立食形式の交流会を初めて開催しましたのであわせてご報告いたします。

【講演1】
テーマ: 「ハッピーキャリアの法則」
講師: 野村 浩子 さん(日経ウーマン編集長)
ポイント: ハッピーになる(と思える)ための言動、気持ちの持ち方を判りやすく説明、ウーマンオブザイヤーに選ばれた女性を例示された。
キーワード:
柔軟(な思考)×能動(的な行動) ⇒
 最もハッピーになれる自分の過去、
現在、未来を分析  ⇒
 自分のハッピーの原点
ウーマンオブザイヤー  ⇒
 目標となれる女性

【講演2】
テーマ: テーマ:「明日を素敵に生きるには」
講師: 安藤 和津 さん(エッセイスト、コメンテイター)
ポイント: ご自身のご経験から、価値観の変化、躾の大切さ、人との接し方、若者へのアドバイス等機知に富んだ、感動的なお話であった。
キーワード:
【行動指針】
【若者への行動指針】
あ  … 愛する心を持つ か  … 感謝
い  … 一生懸命 … 記録
う  … 敬う く  … 工夫
え  … 笑顔  け  … 研究
お  … 思いやり こ  … 行動

【交流会】(参加者:25名)
セミナー終了後、立食形式で参加者の交流を図った。講師の方との会話、ゲーム、マジックショー等盛りだくさんの催しがあり、初めての試みでしたが非常に盛り上がりました。また、参加者同士の会話も弾み、当初の目的である参加者の交流がおおいに図られたと思います。


実際に参加された方の生の声(参加報告)
三井住友海上システムズ 倉谷 恭子 さん


<講演1> 画像

(1)テーマ:「ハッピーキャリアの法則」

(2)講師 :「日経ウーマン」編集長  野村 浩子さん

(3)内容

ハッピーだと思える点は人それぞれであるので、まずは自分にとってハッピーと思えるのは何かを分析し、知ることが大切。
自分の過去、現在、未来を分析してハッピーの素を探す。
  「過去」→これまで「ワクワク」したことは?
  「現在」→自分の「できること(CAN)」「求められていること(NEED)」
  「やりたいこと(WANT)」は? 自分の強み・弱みを知る。
  「未来」→5年後、10年後、どんな自分になっていたいか?
  (短期的目標だけでなく、中長期的目標も)
女性は「やりたいこと」に目が向きがち→「やりたいこと」探しに走ってしまう。まず、自分が「できること」「求められていること」から始める。目の前のことをやりつづけることでわかってくる、見えてくるものがある。
「ハッピーキャリア」アンケートを実施し、仕事に対する考え方、行動パターンを分析した結果、次の4タイプに分類できた。ハッピー度合いは(1)→(4)
  (1)柔軟×能動(仕事クリエイト型)
  (2)柔軟×受身(生活エンジョイ型)
  (3)硬直×能動(キャリア一直線型)
  (4)硬直×受身(白馬の王子様型)
  (1)はコミュニケーション能力が高い、失敗から学ぶ力を持っている(自分の中でプラスに転じて考えることができる)、起業マインドが高い(自立思考)、将来像を思い描いているような人。(1)〜(4)のパターンに分類されるといっても、その人の置かれている状況や成長によってどれに当てはまるかは変わっていく。
「日経ウーマン」では「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を2000年から実施している。
女性の世界には「あんなふうになりたい」という目標となる人があまりいないのではないかと考え、閉塞性を打破するために始めたとのこと。
(2000〜2005年の受賞者の紹介あり。)
ハッピーキャリアの法則
  (1)動きながら適正を見極める「柔軟性」と「行動力」
(2)「偶然性」を「必然」に変える。(幸運は自分で引き寄せるもの)
(3)「傍流」「周辺」からの発想でブレイクスルー(変革の目は偏狭に有り)
(4)リスクを取る勇気を持つ。(変化を求めず、安定を求めることは今の時代ハイリスクなのでは)
(5)ピンチをチャンスに変える。(ピンチはその後の基盤を作る。)

画像
<講演2>

(1)テーマ:「明日を素敵に生きるには」

(2)講師 :エッセイスト・コメンテイター  安藤 和津さん

(3)内容

妻として、母として、仕事を持つ女性として、要介護認定の家族を持つ身として今までの経験に基づいた「素敵に生きるための秘訣」
安藤さんの考える大切なこと
  (1)相手のことを大切に思う、丁寧に接する。他者への思いやりを持つ。
  (今の世の中、自分さえよければよいという意識が蔓延している)感謝の気持ちを持つ。
  (2)コミュニケーション(表情(笑顔)と言葉)をきちんととる。
  人に教えるときはきちんと説明する。
  自分がつらいとき一人で抱え込まず、周囲にアピールする。
  (自分の状態を理解してもらう。)
  (3)家族の中で夫と妻は自立しておく必要有り。役割分担し、お互い支えあっていかなければならない。

<所感/今後どのように活かしていくか>
講演1
・やりたいこと探しに走るのではなく、まず自分のできることから始めることに共感をおぼえました。また、仕事上の幸運は偶然起こるのではなく、その人が今までやってきたことが元になっているので、まず自分1人でできることから始める、行動を起こすことを実践していきます。
講演2
・講演2はビジネスを越えた人生に関する内容で、子どもたち(若者たち)の躾や食生活、家族の中の役割・自立して生活すること、高齢化など多岐にわたるものであり、そのため、今後仕事をしていく上で講演内容をどのように活かしていくかについて具体的に述べるのは難しいが、講演全体を通して安藤氏のどんなことにも一所懸命やる姿勢、他人への思いやりの気持ちが人々を共感させるのだと感じました。見習いたいと思います。
その他
・講演会の後に交流会に参加しました。全員と話すことはできなかったが、参加者はみな前向きで、よい刺激を受けることができたと感じています。セミナー内容だけでなく人脈を広げる機会にもなるので、このような機会の重要性を周囲にも伝えていきたいと思います。
画像
安藤さんといぬグループの皆さん
 
画像
マジシャンの技にビックリ!
交流会はアットホームな雰囲気の中、
皆さん楽しく交流を図っておられました。
画像
賞品贈呈☆
 
画像
安藤さんとひつじグループの皆さん
画像
企画から運営までご担当頂いた運営委員の皆さんと安藤和津さん
次回は宿泊セミナーを予定しています。11月10日(木)〜11日(金)に、小田原ヒルトンホテルにて、「コミュニケーションのためのマナー」をテーマにした研修を行います。
多くの方のご参加をお待ちしています。

TOPページへ会合一覧へ

Copyright(c) 2005NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.