関東NUA


管理者・中堅者向けITIL基礎教育募集のご案内



日時 平成16年9月9日(木)〜9月10日(金) 2日間<9:30〜17:00>
会場 住友芝公園ビル7F ユーザーサロンA
定員 40名(定員になり次第締切らせていただきます) 最少催行人員20名
参加費 50,400円/人(消費税込)
応募締切 平成16年8月30日(月) 必着
※先着順での受付とさせていただきます。定員オーバーの場合は、キャンセル待ちとなりますことをご了承ください。
※お申込後のキャンセルは、8月30日(月)まで受け付けます。それ以降のキャンセルは、受講料を申し受けますのでご注意ください。
背景・目的 1980年代後半、英国政府はITの多大な投資に対する効果に疑問を持っていました。そこで、プロジェクトチームを発足して、IT活用の成功企業を調査し、「ITを活用して業務の遂行を適切に手助けする」ための方法論を作成しました。それがITIL(the Information Technology Infrastructure Library)です。今、このITILが非常に注目されています。企業内のシステムは、個々の構成要素の高度化、システム連携の複雑化が進み、運用管理が難しくなっています。また、それらを適切に運用する一方、運用コストを抑えるという課題にも直面しています。さらにITとビジネスの関係が密接になっているため、ビジネスが求める“ITサービス”を的確に提供することが必要とされています。運用管理部門は、従来の「サポート部門」から「品質の高いITサービスを的確に提供する部門」に変革しなければならなくなっています。ITILは、必要な業務を網羅し、プロセスを体系化しているため、運用業務プロセスを見直す際の“手本”として有用です。ITILを知る事はその変革の第一歩となり得ます。本コースでは、ITILの概要、ITILの考え方やITILで定義している各プロセスの内容などを理解していただきます。情報システムに携わる技術者や管理者として、システム運用のより効果的、効率的な方法を模索しておられる方、システム運用作業のモチベーション向上を模索されている方にお勧めいたします。
対象&前提知識 情報システム部門の方で、システム運用管理の基礎知識をお持ちの方。
※システム運用管理経験2年以上の方が望ましい。
概要 【スケジュール ---9:30〜17:00】
講師 NEC Eラーニング事業部 講師
1.ITILとは
ITILの背景、プロセス、ITILの特徴、各プロセス。
2.ITILの各プロセス
以下の各プロセスの概要、利点やプロセス導入の注意点、用語などを学習する。
  ≪サービスサポート≫
ITサービスの日常の運用とサポートのマネジメント
- 構成管理
- インシデント管理
- 問題管理
- 変更管理
- リリース管理
  ≪サービスデリバリ≫
長期的なITサービスの改善と計画のマネジメント
- サービスレベル管理
- 可用性管理
- キャパシティ管理
- ITサービス財務管理
- ITサービス継続性管理

その他 詳細事項は、別途受講通知(開催決定後)でご連絡させていただきます。
・教場案内
・受講料振込先、振込期日など



TOPページへ会合一覧へ
Copyright(c) 2004 NEC C&C Systems Users Association All Right Reserved.