NUA WORLD 関西NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成27年度

第4回「女性活躍推進」情報交換会

開催日時 平成28年2月5日(金) 14:00〜18:30
視察先 NEC関西ビル 38F
参加者 21人 (18社)

本テーマの活動は昨年度よりスタートし4回目となりました。今回は、女性経営層のお立場として、ホテル日航大阪 総支配人代理 星野 美奈子様に講師としてお越し頂きました。
第一部では、星野様からホテル業界についてご自身の知見から分析をされ、現在の状況や戦略についてご紹介の後、ご自身のキャリア・ご経験についてその時々に感じておられたことをご講演頂きました。
第二部では、引き続き星野様にファシリテータをお願いし、ご講演のキーワードや現状の課題・悩みについて活発な意見交換が行われました。、出席者の皆さんの発言が同じ悩みを持つ皆さんへのアドバイスになりました。
その後、場所を変えて懇親会を開催しましたが、やわらかい雰囲気の中で第二部からさらに会話が盛り上がり、本音での情報交換に繋がりました。
第一部 特別講演
写真1
テーマ 顔で笑って心で泣いて −ホテルという世界
講師: ホテル日航大阪 総支配人代理 星野 美奈子 様
講師の星野様のご講演は、まずホテルの定義に立ち返り、現在ホットな民泊の話題から始まりました。
ホテル業界にあこがれてその世界に飛び込まれた星野様のホテル業界分析は、その内情を知らない私たちには新鮮に感じます。多くのホテルが乱立しているように見えるけれども、買収による事業譲渡で実はブランドは異なっても同じ運営会社のホテルであることが多いとのことでした。
続いて、ホテル日航大阪の状況やマーケティング戦略についてご説明頂きました。他のホテルがどこに新規開業しようとしているか、ネット上の口コミ情報には経営層が目を通していること、更には他のホテルでどんなお客様が何を行っているのかボードを見ることが仕事の基本であって、その情報を収集する業者もあるとのお話で、ホテル間の競争が情報戦であることを強く感じます。
最後に、星野様ご自身のキャリアと考え方についてお話を伺いました。その際、キャリア年表を配布頂きました。この年表には星野様が就職されてから幾度かの転職をされてきた際に、どんな勤務先のどんな業務を担当し、どのようなことを女性として考え、気づきを得たのかをまとめられたものです。キャリア履歴を拝見した際に、どうすればこのようなキャリアを経ることができるのだろうと思いましたが、このキャリア年表を拝見して、いつもご自分の進みたい方向を明らかにして前進されていることが良く分かりました。「まとめているうちに楽しくなった、ぜひ皆さんも作ってみてください」とのお勧めもあり、自分でも試みたいと思います。
続く話題では、ご自身の自己評価としてネガティブ思考と分析されていますが、ご自身個人では、「充足感・一体感・繋がり・群れない」を信条とされ、一方管理職として「公平(フェア)・ぶれない」ことを目指すことの和集合として「Dignity(美学)・Recongnition(承認)・縁」「真・信・芯」と表現されました。「管理職は上に行くほど孤独」という言葉に影響を受けたともお話があり、とても強い信念をお持ちだと感じました。このことが「顔で笑って心で泣いて」とテーマを選ばれた理由と納得しました。
第二部 座談会
引き続き座談会でも、星野様にファシリテーターをお願いしました。自己紹介の後、いくつかのテーマについて、皆さんからコメントやアドバイスがありました。一部ですが、以下に紹介します。
  • 部下の「困ったクン」への対応 (注:前回の話題の近況をご報告頂きました)
    言われたことしかできない部下の社員について、まずほめてみようと思った。(自分が変わった)
    ほめることで、仕事ができるようになってきた。(部下が変わった)
  • モチベーションを上げるには
    メリハリを付ける。運動をする(体力をつける)。部内で残業している人に声をかけ、話をきいてみる。
    ちょっと良いことがあると頑張ろうと思える。自分にはささいなことでも相手には良いきっかけになる。
    自分のモチベーションは上がったり、下がったり。いつかは戻ってくる。
    自分でキャラを作ってしまう。先にゴールを言ってしまう。但し、「肯定的に人に言うときには、その人をよく見ていかなければならない。」
    スポーツで身体を動かすようにしている。忙しいときには、モチベーションの上下を考えられない。
  • 長時間労働への対策
    1時間の時短勤務だが仕事は減らない。前回のPJでは、ここで頑張れば普通に戻れると思い頑張った。(めりはりをつける。)
  • 雇用形態の違い
    人材不足の時には、派遣・契約社員を入れている。
    正社員・契約社員・派遣社員が混在しており、契約社員は社員になることがモチベーション、社員はマネージャになろうと思っていない。
    賃金が異なる事実の前で、チームのあるべき姿を示すようにしている。
    日々のモチベーションまでは対応できていないが、声をかけるようにしている。
  • 男性社員とのかかわり
    年上の男性社員にはブライドもある。男女差は感じないが、周りがそう思っている。
2回目参加の皆さんのざっくばらんなご意見で場の雰囲気が和みました。社内で話せないことが話せた。他業種の方の意見が参考になったとの感想も頂いています。
皆さんの活発なご発言が続きましたので、次回にはもう少し時間を取って進めます。
第三部 情報交換会(懇親会)
場所を移して、軽食とワインを手に参加者の皆さんの活発な情報交換が引き続き行われました。
座談会の中で出たキーワードについて、リラックスした雰囲気の中、会話が盛り上がって、中締め後もその盛り上がりは衰えません。この盛り上がりやなんでも話せる場を是非次回にも続けていきたいと思います。
以上
写真
写真

このページの先頭へ