NUA WORLD 関西NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成25年度

第2回ヒューマンスキルアップセミナー

開催日時 平成26年1月30日(木) 13:30〜17:00
場所 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
参加者 53名

研修概要
写真
テーマ: 簡単に出来る セルフモチベーションキープ術
−単なるモチベーションアップではなく、
モチベーションを維持する極意−
講師: ウィル・スキル・アソシエイト株式会社
代表取締役  竹内 慎也 氏
 

第2回ヒューマンスキルアップセミナーは、「モチベーションキープ」をテーマに開催いたしました。
アップさせることよりキープの方が、難しいと感じたことはありませんか。まず、モチベーションとは何かをとらえつつ、どういう時にやる気がでたり、失ったりするか、グループでディスカッションいたしました。次にモチベーションを左右する性格タイプを分析し、「主導支配型」、「社交発想型」、「分析慎重派」、「支援配慮型」の4つにそれぞれ自分をあてはめました。モチベーションに応用するとどうなるかも考えて、今後の具体的行動に役立てられるよう意識づけができたと思われます。
研修を通して、自分が変化することを恐れないという気づきを得たと強く感じます。自分が変わると周囲も変わることを信じることです。そのためには、セルフイメージを持つことが大事ということも教わりました。気持ちを切り替えることにより、モチベーションがアップとキープが自由自在にできるようになりたいものです。
実務にも役立てられそうというお声、たくさんいただきました。
ご参加して下さった皆様、ありがとうございます!

カリキュラム
  1. モチベーション、について考えてみる
    • アイスブレーク  あなたがやる気になったとき、失ったときとはどんな時だったのか?
    • そもそもモチベーションは2種類ある  2つのモチベーションを知る事がスタート
    • あなたのモチベーションを左右する性格タイプを分析する
      ・コミュニケーションタイプテスト ・そのタイプによりどうなるのか?
  2. モチベーションを維持するためのストレスとの付き合い方
    • 前向きに捉えるための、2つのモデル  ワーク:全てをプラスに言い換える
    • ネガティブからくるストレス  ストレス要因を分析する
    • 目標があればストレスは当然生まれる  なぜ、目標は達成されないのか?
  3. モチベーション維持のためのスキル
    • モチベーション維持のための6つのポイント
      視点を入れ替える、そもそも?を考える、簡単に出来ることを明確にする、など6つ
    • その他の手法
      リフレーミング、ポジティブシンキング、自尊心への訴えかけ、など
まとめ  モチベーションとうまく付き合う方法
セミナー風景
写真 写真
担当の井上委員(左)、田仲委員(右)

やる気になった時、失った時は、どういう時?
席の前後でグループディスカッション。

写真 写真

ポジティブシンキングになる具体的なワーク。

目標は、ステップを踏むと達成しやすくなる。

参加者の声
  • 今日のセミナーを良いきっかけにつなげそうな気持になりました。ありがとうございました。
  • タイプ別の対応方法など、もう少し具体的な話があれば、なおよかった。
  • 意識せずモチベーションアップ&維持できている部分もあるが、意識をすることでさらに効果を高めていきたいと思います。
  • すぐに実践できるモチベーションアップ方法なども多く、参考になりました。
  • 目標達成の為の具体的な考え方を改めて学べました。特に具体的像をイメージするという点について、より聞きたいと思いました。
  • 社外のセミナーへは初めての参加ですが、具体的なワークがあり、実業務へどのように役立てるのか?というイメージがつかめました。
  • グループワークで他人の意見をたくさん聞けたのがよかったです。
事務局からのお知らせ

平成25年度のヒューマンスキルスキルアップセミナーのカテゴリーは全て終了いたしました。
来年度のテーマに関して、ご希望のある方は、kansai@nua.jp.nec.com までご連絡お願いいたします!
引き続き、関西NUAをよろしくお願いします。

このページの先頭へ