NUA WORLD 関西NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成25年度

問題解決研修 第2回研修会

開催日時 平成25年8月20日(火) 9:30〜17:00
場所 NEC関西ビル 38階 ユーザー会サロン
参加者 40名

研修概要

8月20日(火)に第2回研修会「問題解決研修」を開催いたしました。
本研修では、問題を発見し特定する力、そしてその問題の真の原因を追及する力を身に付け、解決すべき順位・対策等、その整理方法を修得を目指します。
午前中は、講義を中心に問題の本質、発見・解決の流れから、問題解決のポイントを学びました。ワークでは、ご自身の業務を流れ図作成し、グループ内でディスカッションが行われました。パレート図より、数値データの有効性が明らかになり、決定的な原因を見える化が実証されました。午後からは、ワークも増え、学びをさらに深めて行く場となりました。ブレーンストーミングでは、「残業が多いのはなぜ?」かを30個洗い出し、親和図・特性要因図等を利用して、具体的かつ体系的に原因を捉える演習を行いました。最後の演習では、テーマを選択して、改善企画書の作成を行い、最後にグループ発表となりました。ワークのボリュームが多く、演習時間をもう少し増やして欲しいという意見もございましたが、手法を活かして、業務に活かしていきたいと多くの声を頂きました。

写真
土井氏(講師)
テーマ: 問題解決研修
〜勘(かん)や閃き(ひらめき)に頼らず、演習を通して問題の原因を追究し、解決に向けた整理方法を習得する。〜
講師: 株式会社インソース
講師  土井 富雄 氏
 
プログラム
  1. 問題とは何か?
    1. あなたは問題以外のことに振り回されていないか?
    2. そもそも問題とは?
  2. 問題発見・解決の流れ
    1. 課題解決の基本的な流れ
    2. 問題発見解決の具体的な手順
  3. 問題解決のポイント
    1. 問題点の発見
      6つの視点(利用者、業務、人、財務、組織環境、比較)
      【ワーク】6つの視点から現在の業務を分析する
    2. 問題発見の手順
    3. ポイントで考える
    4. 問題発見に関する具体的な事例
      1. 問題がありふれている場合(流れ図・フロー図)
        【ワーク】自分の業務の一部を「流れ図」にする
      2. 問題が多すぎる場合(パレート図)
  1. 現状調査・分析の方法
    1. 衆知を集める〜みんなの考え・発想を引き出し、整理する手法
      1. ブレーン・ストーミング
      2. 親和図
      3. 特性要因図
      4. 相関図
        【ワーク】特性要因図を作成する
        【ワーク】リスク相関図を作成する
    2. 現状を分析する(数値化、グラフ化、比較、層別、動態観察)
  2. 解決策の立案のポイント
    1. 視点
    2. 解決策のヒント
  3. 問題解決実践演習
    ■課題
    準備された3つのテーマの内、メンバーに共通する問題を選択する
    ■進め方
    問題を洗い出しの上、改善目標や対策を「改善企画書」として作成する。所要時間を決め、途中発表しながら進行する(考え方・進捗・内容を共有)完成した企画書をグループ毎に発表し、講師からコメントする。
    ■効果
    1. 多面的に問題を洗い出すことにより、現場の潜在リスクが顕在化する
    2. 「改善企画書作成」の体験により、まとめ方のポイントが身に付く
    3. 現場で起きている問題がテーマなので、本対応策は明日から即実施可能
研修風景
写真 写真
本研修ご担当
(左)根木リーダー様  (右)古賀委員様
「親和図の作成」
テーマに基づいて、個々の意見を付箋紙に書き出し分類し、議論を体系的に整理。
写真  
「問題解決実践演習」
本日の演習の集大成となります。改善企画書を作成し、最後にグループ発表がございました。
 
参加者の声/評価・満足度(アンケートより抜粋)
  • グループトークすることにより、他人の意見も聞けて良かったです。
  • 分析の連携がよかった。6つの視点の課題の洗い出しは、バランススコアカードの原形としたら興味深い。現在は、QC7つ道具を使う人が少なく、マインドマップを使う人が多い。しかし初心者は、QC7つ道具といった基本から学ぶことがよいと思う。
  • 問題解決のためには、現状分析が重要であること、「タイミング」を逃さず、まずは着手することが重要であると感じました。
  • ディスカッション時間がもう少し長い方が良かった。
  • 問題点を洗い出すということが解決につながると教えていただき、今後の業務に生かしていきます。
  • 色々、参考になる内容があり、今後に活かせていきたいと思います。
    ありがとうございました。

セミナー満足度
満足度
たいへん満足 9人
満足 25人
どちらともいえない 5人
やや不満 1人
満足度85.0%

事務局より(今後の予定)
平成25年度は、5回の研修会を予定しております。
今後の予定を記載いたします。


皆様のご参加お待ちしております。

このページの先頭へ