NUA WORLD 関西NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成25年度

第1回ネットワーク仮想化情報交換会

開催日時 平成25年8月1日(木) 
オープンセミナー 14:00〜14:50/情報交換会 15:00〜17:00
場所 NEC関西ビル 38階 Aゾーン/ユーザーサロン
参加者 オープンセミナー 36名/情報交換会 8名

「ネットワーク仮想化」をテーマに、今回の情報交換会は参加メンバーとNEC関係者が協力しながら、新たな技術を如何に活用していくかといった取り組みに着手しました。
第1回は、多くの会員に最新のネットワーク構築の事例を理解頂くためオープンセミナーという形で広く情報を共有。また情報交換会では、各社の現状と課題を共有し、これからのネットワークの在り方について議論を進めて行きます。

オープンセミナー
写真
テーマ: 企業内LANへのオープンフローの応用
講師: 金沢大学附属病院
教授 副病院長(兼)経営企画部長
長瀬 啓介 氏
 

金沢大学附属病院では、ネットワークの一部に最新のOpenFlow技術を用いたProgrammableFlowを導入されました。今迄のネットワークは、機器の誤接続、不適切なスイッチ設定、大規模なループ、異常なパケットの検出等、様々な問題を抱えていました。従来現場では、新しい医療機器を導入するたびにネットワークの変更が余儀なくされ、多くの時間と工数が取られていました。今回のProgrammableFlowで、シンプルでリスクの少ないネットワークの構築が進んだとのことです。医療というミッションクリティカルな領域で、ProgrammableFlowは自然な選択であったとも仰っていました。医療の現場で、ネットワークの構築に携わった長瀬先生のお話しは、多くの参加者が参考になったことと思います。

第1回 ネットワーク仮想化情報交換会

今回の情報交換会は、ネットワーク仮想化をテーマに9社9名のメンバーで実施致します。第1回は、各社のネットワークの現状と課題をもちより、情報交換を行いました。
今回はNECよりネットワークのアセスメントの提案もあり、実際のネットワークの分析を踏まえた上で、ネットワーク構築の在り方について議論するという新たな取組みも行っています。新たなネットワーク構築検討に、有意義な場になれば幸いです。

写真 写真

このページの先頭へ