NUA WORLD 関西NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成24年度

海外研修(マレーシア/タイ)
〜さらなる経済成長を続けるマレーシア・タイの市場環境やICT業界の現状・取り組み探る〜

関西NUAの年1回の恒例企画であります海外研修。今回はマレーシアとタイを訪問してまいりました。
両国とも年間通して常夏の熱帯気候で、11月で最高気温35度、最低気温も20強です。
大阪の最高気温は10。北海道では積雪で停電が起きているような寒さの中、渡航です。
今回のテーマは、『さらなる経済成長を続けるマレーシア・タイの市場環境やICT業界の現状・取り組み探る』とし、地区からのご参加を含め総勢14名の視察団で、5つの企業視察を行いました。

日時 平成24年11月26日(月)〜12月1日(土) 6日間
行き先 マレーシア(クアラルンプール)/タイ(バンコク)
参加者 総勢14名
参加費 248,000円
宿泊ホテル

マレーシア: プリンスホテル&レジデンス

タイ: フォーポイント バイ シェラトン バンコク スクンビット15
視察企業

マレーシア: NECマレーシア/NTT MSC社

タイ: NECタイ/CPグループ/NECインフロンティア タイ

マレーシアは、2020年に先進国入りすることを目指すという国家ビジョン“VISION2020”を達成するため、これまでマレーシア経済を牽引してきた製造業と併せて、新たにIT産業を中心とするサービス・知識集約型産業を育成することを目標としたマルチメディア・スーパーコリドー(MSC)計画を立て、日本やシンガポールに追いつくよう目指して頑張っています。アジアの様々な民族が暮らす多文化の国で、急速な成長をしており車、人、工事現場が多く目立ちました。

タイは、華やかな大都会のにぎわいと、厳かな仏教文化が交錯しています。バンコクは世界一の車渋滞都市とのことで移動には大変苦労しました。また街中には屋台が多く並び朝食から市民の外食をサポートしています。
バンコクに入る4日前にバンコク市内でデモがあり少々不安もよぎりましたが、特に影響はありませんでした。ちょうど1年前洪水で被害にあわれた地区にも足を運びました。被害にあわれた企業を訪問しましたが、しっかり復活を遂げていて、その苦労は大変なものでした。

6日間という短期間ではありましたが、日本では味わえない文化、習慣を体験できたことは、メンバーそれぞれにとって貴重な体験となったことと思われます。さらに、普通では知り合う機会の少ない他地区、異業種のメンバー各位と知り合い、ネットワークの輪を広げることが出来たことが、大きな成果ではなかったかと思います。

視察先概要
  • NECマレーシア 
    会社の概要・取組みに加え、マレーシア国内におけるIT最新事情をお話いただきました。
  • NTT MSC社  
    NTTコミュニケーションのデータセンターを見学しました。
    マレーシアは自然災害(火山、地震、洪水)が少なくDC、DRサイト設置には安全な国とPRされていました。
  • NECタイ
    会社の概要・取組みに加え、タイ国内におけるIT最新事情をお話いただきました。
  • CPグループ
    タイで最大のコングロマリットと言われ、農業分野や食料品の分野を中核事業として、通信、不動産分野にも精力的に進出し、全部で8つの分野で事業を展開。日本が輸入する鶏、海老のかなりのウェイトを占める。
    また国内で6,700店舗セブンイレブンを展開、都心では100mきざみで出店のイメージ。
  • NECインフロンティア タイ
    昨年の洪水から完全復活。現地従業員の献身的な支援もあり、以前よりも結束力が高まったとのこと。 
その他の主な観光等

<マレーシア>

  • 王宮
  • 国家記念碑
  • 国立モスク

<タイ>

  • ワット・アルン(暁の寺)
  • ワット・ポー(ねはん寺)
  • チャオプラヤー川の船に乗船
ギャラリー
写真1 写真2

NECマレーシア

NTT MSC社

写真3 写真4

NECタイ

CPグループ

写真5  

NECインフロンティア タイ

 
写真6 写真7
写真10 写真9

マレーシア料理、タイ料理、飲茶、宮廷料理、中華料理、全て美味しかったです。

写真8 写真11

屋台料理

大人気:蟹と卵のカレー炒め

写真12 写真13

王宮

国立モスク

写真14 写真15

国家記念碑

ワット・ポー(ねはん寺)

写真16 写真17

ワット・アルン(暁の寺)

ペトロナス・ツインタワー

事務局よりお知らせ
関西NUAの歴史ある海外研修は、来年度も、会員の皆様のビジネスに参考になる視察先を検討し、開催したいと考えております。何卒ご参画賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ