NUA WORLD 関西NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成24年度

グローバルITインフラ展開情報交換会
第3回会合

昨今の企業情報システムにおいは、アジアを中心としたITシステムのグローバル展開が大きな課題になってきました。システムの展開手順やセキュリティの確保、現地の情報システム要員の問題など、情報システム部門が抱える問題は山積しています。
このような情報システムのグローバル展開に対し、企業としてどのように対応していくべきか、セキュリティ実装やポリシー策定などを検討する上で、同じ課題や悩みを持つメンバー同士で、お互いの事例や改善手法など意見交換を行います。

日時 2013年3月5日(火) 14:00〜17:00
場所 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
参加者 5社6名

研修風景

3月5日開催の第3回会合は、これまでの討議の中で挙げられた各社意見をふまえ、前回積み残した海外ベンダーを使う際の注意点、セキュリティ確保の仕方、海外での運用保守の問題点について意見交換がなされました。

写真1 現地の状況の把握や現地ベンダー任せになっている現状の問題点、国ごとにことなる制度や法律への対応等、進むグローバリゼーションにどう立ち向かうか、各社ごとに異なる課題を共有し、どのように解決していくかを話し合いました。
各社毎に現状のステージが異なり、次にどのような課題に取り組まねばならないかが予見できたとの意見もありました。
写真2 セキュリティをどのように確保するかについては、幅広い領域で意見交換が行われました。
現地法人毎にことなるセキュリティポリシーをどう統合するか?資産管理から盗難対策、更にはセキュリティ診断の項目数から回答者の階層まで、具体的な各社の事例を踏まえ情報交換がなされました。
写真3 運用保守については、日本からの機材持込みの際の法規制等、海外進出にはいろんな制約があることをメンバー間で共有しました。
また、データセンターやネットワークの活用等、様々な解決手段も共有し合う事ができました。
今後も、企業活動の参考になるテーマでご要望がありましたら、また情報交換会を立ち上げたいと思いますので、是非リクエストをお願いします。

このページの先頭へ