NUA WORLD 関西NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成24年度

グローバルITインフラ展開情報交換会
第1回会合

昨今の企業情報システムにおいは、アジアを中心としたITシステムのグローバル展開が大きな課題になってきました。システムの展開手順やセキュリティの確保、現地の情報システム要員の問題など、情報システム部門が抱える問題は山積しています。
このような情報システムのグローバル展開に対し、企業としてどのように対応していくべきか、セキュリティ実装やポリシー策定などを検討する上で、同じ課題や悩みを持つメンバー同士で、お互いの事例や改善手法など意見交換を行います。

日時 2013年1月22日(火) 13:30〜18:30
場所 NEC関西ビル38階 ユーザー会サロン
参加者 6社7名

研修風景

1月22日開催の第1回会合は、第一部としてNECコンサルティング事業部マネージャーの栗林利充氏と企業ソリューション事業本部マネージャーの尾崎勝己氏を招き、オープンセミナーを開催。栗林氏には「グローバル企業におけるコミュニケーションインフラ検討事例」という題目で、尾崎氏には「ネットワークを中心とした現地法人標準モデル事例」という題目で講演いただきました。

続いて第2部では、参加メンバー間で各社の海外インフラ構築に関わる課題や取組み状況について情報交換が行われました。既に対応に取り組まれているところや、これから検討されるところなど、立場の違う方々にお集まり頂き、お互いの課題や問題点を共有しあいました。

写真1 写真2
写真3 また、After5の懇親会でもいろいろな話で盛り上りました。
リラックスした雰囲気の中、情報交換会の中では語りきれなかった苦労話や、関西NUAの活動等、参加者間の交流が行われました。会合への参加がメンバー同士の人脈形成やNEC支援者との連携にもつながり、継続的なコミュニケーションのきっかけになったのではないかと思います。

このページの先頭へ