NUA WORLD 関西NEC C&Cシステムユーザー会

会合 平成24年度

新春フォーラム
変化を作り出せ!ITで実現する新たな成長戦略

「変化を作り出せ!ITで実現する新たな成長戦略」をテーマに、事例を中心としたワークショップと、キャスター・エッセイスト福島敦子氏による講演『私の取材手帳から〜私が出会った素敵な人たち〜』というタイトルで新春フォーラムを開催いたしました。

日時 平成25年1月18日(金) 13:30〜18:30
場所 NEC関西ビル B1Fホール・38F
参加者 232名

ワークショップ
  • A-1 <NUA論文 最優秀> 帝人株式会社様
    『クラウドの歩き方 〜クラウドコンピューティングの適用における 帝人の取組み〜』
  • B-1 <全NUA ワークスタイル改革研究会> ダイキン情報システム株式会社
    『四次元ポケットが実現する「21世紀の」ワークスタイル
      〜スマートデバイスで働き方は変わるのか?〜』
  • A-2 <NUA論文 特選> 株式会社 大林組様
    『地震発生時の事業継続への即応性向上に資する 総合防災情報システムの構築』
  • B-2 <お客様事例発表> 株式会社 テレコメディア様
    『高齢者見守り支援とコールセンターの可能性 〜タブレット端末活用について〜』
講演
写真1
テーマ: 「私の取材手帳から」
〜私が出会った素敵な人たち〜
講師: キャスター・エッセイスト 福島 敦子氏
新春に相応しいエレガントな福島敦子さんをお迎えし、福島さんがこれまでに出会った方々との対談をエピソードなどを交えて講演会いただきました。

大きくは、5つのテーマでお話されました。

1つ目。
巨人の長島茂雄終身名誉監督との会談のお話から、人は先入観にとらわれず、生きた情報を元にコミュニケーションをとることの大切さをお話されました。リアルな生きた情報から成功を収めた企業のお話なども含め、異分野の人たちとお付き合いをし五感を使って感性を磨くことの大切さを語りました。

2つ目。
実の妹と結婚をしたイチローのお話でした。突然イチローが家族になりびっくりしたようですが、イチローが大リーグでプレーする直前の彼からの言葉を紹介されました。1年365日努力を積み重ねていけば大きなものを手にすることが出来ると「継続する天才」イチローを賞賛していました。

3つ目。
某映画監督との出会いのお話。肉好き、魚嫌い、ヘビースモーカーで不摂生だが、常に新しいことに興味を示し勉強する。人は年齢を重ねるたびに素直な思いにふたをしてしまいがちだが、歳相応なりのやりたいことに挑戦することが大切で、それが若さのエネルギー源になるという。新しいことをすると出会いも広がり感性も磨かれるので、いくつになってもチャレンジする心が必要。福島さんも年齢がいくつになったのかより、いくつに見られるかに趣を置いているようです。

4つ目。
ジョルジオ・アルマーニ氏との出会い。なぜ長年にわたり人気ブランドを続けることが出来るのかを知りたかった福島さんですが、アルマーニ氏の美の原点が日本にあり、そこから素晴らしい感性を磨いていることに教えられたそうです。アルマーニ氏は、イタリアは足し算の美学、日本は抜き取っていく引き算の美学と仰り、日本の書物や神社、お茶、着物などから日本独特の美の感性を勉強しているようです。

最後に。
心をひとつにする直接対話。人と人とのコミュニケーションの大切さを語られ幕を閉じました。

講演終了後は、ご自身の著書にサインを入れていただき即売会が行われました。
福島さん、ありがとうございました!

写真1

関西NUA 司会進行とご挨拶

写真2
新春フォーラム運営委員
運営委員長 石田 恒彦  (財団法人 日本中小企業福祉事業財団)
運営委員 松原 正樹 (ハウスビジネスパートナーズ株式会社)
運営委員 前田 孝 (パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社)
運営委員 奥田 茂 (株式会社ファルコバイオシステムズ)

このページの先頭へ